2017年07月18日

「アリーキャット」窪塚洋介&降谷建志、アウトローを魅力的に

a1.jpg
 
 窪塚洋介と「Dragon Ash」の降谷建志が共演したバディー映画「アリーキャット」。俳優、監督として活動する榊英雄がメガホンを取り、妻の榊いずみが音楽を担当した。

 頭に後遺症を抱えた元ボクサーの朝秀晃(窪塚洋介、マル)と、自動車整備工場で働く梅津郁巳(降谷建志、リリィ)。秀晃が世話する野良猫「マル」が行方不明になり、保健所で知り合った。郁巳は猫を勝手に「リリィ」と呼んで自分のものと主張。怒る秀晃を置いて立ち去る。

 警備会社で働く秀晃のもとに、「ストーカーに悩むシングルマザーのボディーガード」の仕事が来る。気乗りしない秀晃だったが、会社は冴子(市川由衣)の警護を押し付ける。冴子をつけ回していたのは、元恋人の玉木(品川祐)だった。冴子と玉木の話し合いを監視する秀晃のところに、偶然郁巳が登場。話し合いがもつれ、秀晃と郁巳が割って入ったことで警察沙汰になってしまう。

a3.jpg

 水と油の秀晃と郁巳だったが、同じ猫をかわいがることで距離が縮まり意気投合する。互いに猫に名付けた「マル」、「リリィ」と呼び合うようになり、いつの間にか冴子のボディーガードも二人でするように。しかし、玉木と別の謎の男たちが冴子を狙うようになっていた──。

 社会の底辺でもがきながら自由に生きるマルとリリィ。冴子の警護を通して巨大な力にぶつかりながら、相手に一泡吹かせてやろうと奮闘する。1970年代のテレビドラマ「傷だらけの天使」、「探偵物語」を思わせるアウトローな生き様。松田優作主演作を作り続けた「東映セントラルフィルム」の匂いも感じる。

a2.jpg

 社会に迎合せず自分のルールで生きるマル。猫のように気ままなリリィ。キャラクター造形が秀逸だ。マルを演じた窪塚は久々のはまり役。映画初主演の降谷の未知数が合わさり、化学反応が起きている。負け犬二人が仕掛ける痛快な大勝負。粘着系の品川の演技もぴったり。火野正平の貫禄と凄みあるアドリブ、三浦誠己の小悪党演技。監督はそれぞれの個性を生かしている。アンダーグラウンドをしたたかに生きる男たちが魅力的な作品だ。

(文・藤枝正稔)

「アリーキャット」(2017年、日本)

監督:榊英雄
出演:窪塚洋介、降谷建志、市川由衣、土屋冴子、品川祐、柳英里紗

2017年7月15日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://alleycat-movie.com/

作品写真:(C)2017「アリーキャット」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック