2017年07月16日

ゆうばり映画祭、2018年は3月15日から開催

 SFやホラー、ファンタジー、サスペンスなどのジャンル映画の祭典「ゆうばり国際ファンタスティック2018」が、来年は3月15日(木)〜19日(月)の5日間、北海道夕張市で開かれる。通算28回目、民間主催に転換してから11回目となる。

 深津修一プロデューサーは「財政破たんした夕張市も、10年間の雌伏の時を待って、ようやく今年から積極財政に打って出ました。映画祭も2017年、民間だけで10回目の開催を実現し、いよいよ夕張市とともに、守りから外に打って出る時期が来たものと強く感じています」とコメント。次回から海外の映画祭との連携をさらに強化し、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の受賞作品を提携映画祭で上映する流れを作りたいと意欲をみせている。

 オフシアター・コンペティション部門はメジャーへの登竜門として若手クリエーターの注目が集まる部門。これまでに「天然コケッコー」、「味園ユニバース」の山下敦弘監督、「22年目の告白―私が犯人です」の入江悠監督らを輩出している。
コンペを含む主要プログラムの作品募集は7月14日から10月24日まで。詳細は映画祭公式サイト内の作品応募ページ(http://yubarifanta.com/entry/)で参照できる。

映画祭公式サイト
http://yubarifanta.com/

posted by 映画の森 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック