2017年06月03日

「ラプチャー 破裂」嫌いなもの与え続ける責め苦 拉致監禁からSFへ展開 個性的ホラー

lp_main.jpg

 「ミレニアム」シリーズ、「プロメテウス」(12)のノオミ・ラパスが主演したSMホラー映画「ラプチャー 破裂」。「セクレタリー」(02)、「毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート」(06)のスティーブン・シャインバーグが監督、原案、製作を担当した。

 シングルマザーのレネー(ノオミ・ラパス)は、12歳の息子と暮らしている。洗面所で大嫌いなクモに遭遇し、絶叫して慌てふためく。取り乱す母を横目に、息子は冷静にクモを外へ逃がす。どこにでもある日常風景だが、なぜか監視カメラが一部始終をとらえていた。

lp_sub1.jpg

 レネーはスカイダイビングをするため、友人との待ち合わせ場所へ車を走らせていた。レネーの車のタイヤがパンクしたところへ、見計らったようにバンが近づき、運転手の男が助け舟を出す。しかし、男は突然スタンガンでレネーを気絶させ、バンに押し込み走り出す。到着したのは紫色の照明に包まれた研究所のような建物だった──。

 女性を拉致監禁し、嫌いなものを与え続ける人体実験。悪趣味なSM監禁ホラーである。「コレクター」(65)、「羊たちの沈黙」(91)、「ソウ」(04)などの監禁映画で犯人は単独行動だったが、今回は複数の人間が犯罪にかかわっている。全米から人を拉致し、さまざまな責め苦を与え、何かを探っている。異様な集団の目的は何か。中盤から加わるSF的解釈が転機になる。

lp_sub2.jpg

 拉致監禁から始まった話は、地球侵略のストーリーへ変貌する。前半から中盤への緊張感から一転、意表をついた落としどころは賛否が分かれそうだ。レネーが連れて行かれる施設の壁紙がスタンリー・キューブリック監督「シャイニング」(80)のホテルのじゅうたんと同じ模様であるあたり、監督は自分の好きなものを詰め込んだ様子。さまざまな発見がある一方、突っ込みどころも満載だ。ホラー、SF好きは十分楽しめるだろう。

(文・藤枝正稔)

「ラプチャー 破裂」(2016年、米・カナダ)

監督:スティーブン・シャインバーグ
出演:ノオミ・ラパス、ピーター・ストーメア、レスリー・マンビル、ケリー・ビシェ、マイケル・チクリス

2016年6月3日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/rupture/

作品写真:(C)2016 Rupture CAL, Inc
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック