2017年05月30日

「家族はつらいよ2」悲劇と喜劇は紙一重 現代の“無縁社会”を斬る 山田洋次の職人技

kazoku_main.jpg

 渥美清主演の松竹映画「男はつらいよ」シリーズで一時代を築いた山田洋次監督の最新作「家族はつらいよ2」。監督は「男はつらいよ」シリーズ終了後、西田敏行主演の喜劇「虹をつかむ男」(96)と続編を製作。いったん喜劇を封印し、「学校」シリーズや、時代劇「たそがれ清兵衛」(02)、「母べえ」(08)などさまざまなジャンルの作品を生んできた。

 13年には「東京家族」を発表した。小津安二郎監督へのオマージュを捧げた家族の物語で手ごたえを感じ、「東京家族」で同じ俳優を起用。封印していた喜劇映画を再開したのが「家族はつらいよ」(16)だった。“熟年離婚”をテーマに観客動員数120万人、興行収入13億8000万円の大ヒットを記録。勢いに乗ってわずか1年で続編「家族はつらいよ2」を完成させた。

2.jpg

 今回のテーマは“無縁社会”だ。監督ならでは、社会への嗅覚が敏感に感じられる。近年社会問題となっている“高齢者の危険運転”が導入部。平田家の家長・周造(橋爪功)のささやかな楽しみであるマイカーでの外出。しかし、愛車はへこみ傷が目立ち、家族は危機感を覚えていた。周造に免許証返上させようと画策するが、頑固者の周造に誰が言うかでもめてしまう。

 妻・富子(吉行和子)が旅行で不在をいいことに、つかの間の独身生活を満喫する周造。行きつけの小料理屋の女将かよ(風吹ジュン)とドライブ中、大型トラックと接触する事故を起こしてしまう。かよの気転で示談となるが、割れたヘッドライトの破片を家族が発見。事故がばれてしまう。激怒した長男・幸之助(西村雅彦)は、家族会議をするため、離れて暮らす兄妹夫婦たちを招集する。

3.jpg

 一方、周造はかよとのドライブ中、工事現場で交通整理する同級生・丸田(小林稔侍)を見た。後日、周造は丸田の連絡先を聞き出し、もう一人の同級生・向井と、かよの店で40年ぶりの同窓会を開く。呉服屋の跡取り息子で長身の丸田は高校時代は憧れの的。妻との離婚、事業の失敗で落ちぶれてしまい、小さなアパートで一人暮らしをしながら工事現場で働いている。旧友との再会で上機嫌の丸田を自宅に連れて帰ってきた周造だったが、翌朝、丸田は息を引き取ってしまった──。

 “高齢者の危険運転”で幕を開けた物語は、周造の同級生・丸田の登場により本題の“無縁社会”へ突入する。一人で孤独な老後を送る丸田を通して、孤独死が多い冷めきった現代社会へ警鐘を鳴らす。無縁仏となった丸田を悲劇としてとらえながら、絶妙の笑いを交えた喜劇へ転換させる。職人技だ。悲劇と喜劇は紙一重。監督の演出は一連の松竹喜劇を継承した昭和テイストといえる。

 「東京家族」含めて3本目のキャストの息の合ったアンサンブルも楽しく、古くから山田監督作品に慣れ親しんだシニア層に絶大に支持される作品であろう。

(文・藤枝正稔)

「家族はつらいよ2」(2017年、日本)

監督:山田洋次
出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、妻夫木聡、蒼井優、林家正蔵

2017年5月27日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kazoku-tsuraiyo.jp/

作品写真:(C)2017「家族はつらいよ2」製作委員会
posted by 映画の森 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450353206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック