2017年05月25日

「光をくれた人」偽りの親子、真実の愛 感涙必至の極上メロドラマ

hikari_main.jpg

 第一次大戦から帰還したトムは、灯台守の仕事に就く。苛烈な戦闘体験に心傷つき、他人を遠ざけたい気持ちから、あえて孤島での勤務を望んだのだ。楽しみも喜びもなく、黙々と単調な日課をこなす日々。そんなトムが、一人の女性との出会いによって、生きる情熱を取り戻す。

 町の名士の娘で、二人の兄を大戦で亡くしていたイザベル。トムはイザベルと愛し合い、結婚し、幸福な生活が始まる。だが、2度の妊娠がともに流産に終わり、イザベルは深く落ち込む。傷心のイザベルを救ったのは、ある日、海岸に打ち寄せられた一隻のボートだった。そこには男性の遺体とともに幼い女児が乗っていた。

in_sub1.jpg

 「生まれなかった子の代わりに、この子を育てたい」。許されない行為だと知りつつ、トムはイザベルの懇願を受け入れる。女児が持たされていたガラガラをそっとポケットにしまうと、トムは2番目の子の墓標を捨てた。

 トムとイザベルの夫婦以外に住む者もいない孤島。だからこそ可能な“犯行”だった。ルーシーと名付けられた女児は、“両親”の愛情を一身に受け、すくすくと育つ。しかし、娘の洗礼のため町に戻った日、トムはルーシーの実の母であるハナと遭遇してしまう。

 トムの葛藤が始まる。事実を告げるべきか。隠し通すべきか。イザベルには何も知らせていない。ルーシーを思う気持ちは、イザベルも自分も同じである。だからといって、ハナの人生はどうでもいいのか――。

in_sub2.jpg

 そもそも、ボートはなぜ漂着したのか。遺体の男性は何者か。後半、いくつもの謎が解けるにつれ、もっぱらトムとイザベルの夫婦に感情移入していた観客は、実の母であるハナの人生にも共感と同情を寄せることになる。ルーシーの居場所はどちらであるべきか。見る者の心は千々(ちぢ)に乱れることだろう。

 ラスト、1950年へと大きく時間を飛ばしたエピローグで、感動はクライマックスに達する。それまで感情の噴出を堪えていた観客も涙腺決壊は必至。「ブルー・バレンタイン」のデレク・シアンフランス監督がベストセラー小説を見事に映像化した、極上のメロドラマである。

(文・沢宮亘理)

「光をくれた人」(2016年、米・豪・ニュージーランド)

監督:デレク・シアンフランス
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ

2017年5月26日(金)、TOHOシネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://hikariwokuretahito.com/

作品写真:(c)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック