2017年05月16日

「夜明け告げるルーのうた」心を閉ざした少年、島で人魚の少女に出会う 繊細で躍動的な青春アニメ

yo_main.jpg

 さびれた港町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年カイ(声:下田翔大)は、父と祖母の3人暮らし。両親の離婚で東京から引っ越してきた。親への複雑な思いを抱え、学校生活にも後ろ向きのカイ。ある日、同級生に「バンドに入らないか」と誘われ、練習場所の島へ行くと、人魚の少女ルー(谷花音)が現れた──。

 先月公開されたアニメーション映画「夜は短し歩けよ乙女」(17)を監督した湯浅政明が、初めて取り組んだ完全オリジナルの劇場用長編アニメだ。「マインド・ゲーム」(04)、「四畳半神話大系」(10)、「ピンポン THE ANIMATION」(14)など個性的な作風の湯浅。今回は人間の少年と人魚の少女の出会いを繊細に描く。

yo_sub1.jpg

 海に面した町を舞台に、少年が人魚に出会い、町の人々を巻き込む騒動を起こしながら、成長していく。甘酸っぱいジュブナイル(少年少女)作品だ。未知なる生物と少年の邂逅といえばスティーブン・スピルバーグ監督「E.T.」(82)を思い出す。が、今回の“生物”はかわいい人魚。片言だが話すこともでき、音楽を聴くと尾びれが二本足に。よちよち歩く子どものようだ。物語の主眼はカイの心の解放に置かれている。

 “ボーイ・ミーツ・ガール”の王道に、湯浅監督得意の疾走する躍動感が合わさっている。宮崎駿監督率いる「スタジオジブリ」作品に対抗できるクオリティーだ。キャラクターの随所にジブリ作品の影響を感じさせる部分があり興味深い。

yo_sub2.jpg

 親の離婚で心を閉ざした少年が、天真爛漫な人魚に寄せる初恋にも似た感情。心の動きが丁寧に、繊細に描かれる一方、“湯浅節”と呼ばれる躍動感が心地よく響く。細部まで精密に描き込まれた背景と相反するように、キャラクターは極端にデフォルメされ、ユニークだ。ジブリ作品と一線を画して見事。独創的な水の表現、レトロなダンスシーン。監督の魅力とアイデアが凝縮し、大人から子どもまで楽しめる作品に仕上がった。

「夜明け告げるルーのうた」(2017年、日本)

監督:湯浅政明
声の出演:谷花音、下田翔大、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬

2017年5月19日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://lunouta.com/

作品写真:(C)2017ルー製作委員会

posted by 映画の森 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449931662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック