2017年04月28日

「シチリアの恋」アジアの豪華キャスト競演、切ない多国籍ラブストーリー イ・ジュンギ8年ぶりの映画

cici_main.jpg

 韓国大ヒット作「王の男」(05)のイ・ジュンギ、中国の張芸謀(チャン・イーモウ)監督作「サンザシの樹の下で」(10)でデビューしたチョウ・ドンユイが、イタリアと中国を舞台に繰り広げるラブストーリー「シチリアの恋」。台湾映画「ジャンプ・ボーイズ」(11)のリン・ユゥシンがメガホンを取り、「モンガに散る」(10)のイーサン・ルアンも出演。舞台とキャストが中国、韓国、台湾、イタリアにまたがる多国籍作品だ。

 イタリアから中国へ留学中の韓国人学生ジュンホ(イ・ジュンギ)は、ある日偶然見かけたシャオヨウ(チョウ・ドンユイ)に一目ぼれ。猛烈なアプローチの末に交際をスタートさせる。その後、上海のデザイン事務所にそろって就職。一緒に暮らし始め、結婚も約束する。

cici_sub1.jpg

 しかしある日、ジャンホはシャオヨウに突然別れを切り出し、イタリアへ帰っていく。理由も分からず取り残されたシャオヨウ。追い打ちをかけるようにジュンホの事故死の知らせが入った。葬儀にも参列せず、自暴自棄となるが、ジュンホには別れを告げた秘密があった。運命に抗えないと知り、愛する女性の幸せだけを願い、命をかけて見守る決意をしたのだった──。

 中国とイタリアの美しい風景の中、多国籍豪華キャストで描かれる切ない愛。余韻が心地よい上質なラブストーリーだ。

cici_sub2.jpg

 イ・ジュンギは「光州5・18」(07)以来8年ぶりの映画復帰。中国映画初出演で、得意なダンスと歌を披露している。デビュー作で可憐な魅力を見せたチョウ・ドンユイは、心揺れる女性を感情豊かに表現。成長ぶりを印象づけた。2人を優しく見守る隣人役にイーサン・ルアン。リン監督とは旧知の間柄で、存在感ある演技で作品に華を添えた。製作は香港のスタンリー・クワンが務めている。

(文・岩渕弘美)

「シチリアの恋」(2016年、中国)

監督:リン・ユウシェン
出演:イ・ジュンギ、チョウ・ドンユィ、イーサン・ルアン、シン・ジアドン、ルー・イジャ

2017年4月22日(土)、シネマート新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://loveinsicily.net/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック