2017年04月26日

「イップ・マン 継承」ドニー・イェンのアクション炸裂、人気シリーズ最新作 タイソンと真っ向勝負

ip_main.jpg

 香港のアクションスター、ドニー・イェン主演の人気シリーズ最新作「イップ・マン 継承」。伝説のカンフースター、ブルース・リーが唯一師と仰いだ「詠春拳(えいしゅんけん)」の達人、イップ・マンの生涯を描く。敵役でボクシングの元ヘビー級世界チャンピオン、マイク・タイソンが出演している。

 監督は前2作「イップ・マン 序章」(08)、「イップ・マン 葉問」(10)に続いてウィルソン・イップ。アクション監督はサモ・ハンに代わり、ハリウッド映画「マトリックス」シリーズなどのユエン・ウーピンだ。音楽は押井守監督作品で知られる川井憲次。シリーズを通して素晴らしいスコアを披露している。

ip_sub1.jpg

 1959年、香港。街は好景気に沸く一方、治安は悪化し、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る不動産王フランク(タイソン)の前にイップ・マン(イェン)は立ち上がる。だがそれは、自分の家族も命の危険にさらす危ない賭けだった。

 イップ・マンを語るうえで欠かせない、弟子ブルース・リーとの師弟関係。幕開けに若き日の2人のユーモラスで切れのよい妙技が披露される。リー役はチャウ・シンチー監督、主演の「少林サッカー」(01)でそっくりさん役を演じたチャック・クォックワンだ。

 ドニー・イェンと二人三脚でシリーズを作ってきた監督によると、テーマは第1作が「生存」、第2作が「生活」、今回が「生命」。イップ・マンの人生を支える妻ウィンシン(リン・ホン)の存在がクローズアップされる。夫妻の息子が通う小学校がフランクに狙われる一方、詠春拳の正当性をめぐって息子の同級生の父チョン(マックス・チャン)と対立する。

ip_sub2.jpg

 普段は物静かで優しい男が、いざ格闘となると瞬殺で敵をなぎ倒す。静と動の対比で人物像を際立たせる。シリーズ恒例になった大勢の敵との格闘シーン。ボクシングと詠春拳の異種格闘技対決。変化球的な迫力が合わさった名場面となった。

 そしてチョンとの詠春拳での真っ向勝負。技と技のぶつかり合いは、ドニー・イェンのスタント担当だったマックス・チャンが、師匠に挑む様子を見るようだ。作品のところどころで使われるワイヤーに、アクション監督ウーピンの職人技を感じる。

 一方、病に伏せる妻との夫婦愛描写に多くの時間を費やし、ドラマに深みを与えた。狭いエレベーターで襲われ、身を挺して妻を守る姿や、ダンス教室で仲睦まじく踊る夫妻に、夫としての優しさを見た。昨年公開されて大ヒットした「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(16)でドニー・イェンを知ったビギナーから、古くから作品を追う熱心なファンまで、武術とドラマで満足させる作品となっている。

(文・藤枝正稔)

「イップ・マン 継承」(2015年、中国・香港)

監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、リン・ホン、マックス・チャン、
マイク・タイソン、パトリック・タム

2017年4月22日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/ipman3/

作品写真:(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック