2017年04月02日

「はじまりへの旅」森で暮らす風変わりな家族 父と子6人の破天荒ロードムービー

haji_main.jpg

 米北西部の森で暮らす風変わりな家族が主人公のロードムービー「はじまりへの旅」。監督のマット・ロス自身の子供時代の体験をもとにしているという。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した。

 厳格な父のベン(ビゴ・モーテンセン)は、独自の教育方針に基づき子供6人を育てていた。18歳の長男ボウドヴァン(ジョージ・マッケイ)は、ナイフ1本で野生の鹿を仕留める。家族は鹿を解体し、その夜のごちそうとして食べる。森でサバイバル生活を送る家族は、哲学者のノーム・チョムスキーを崇拝している。資本主義を否定し、自給自足の生活。本で文学や哲学を学んだ子供たちは6カ国語に通じ、強靭な体力を誇る。ボウドヴァンは名門大学に次々合格するほどだ。

haji_sub1.jpg

 文明社会に触れない毎日を送る家族のもとに、ある日突然訃報が入る。長期入院中の母レスリーが亡くなったのだ。葬儀に出るため、父子は改造バスに乗り、2400キロ離れたニューメキシコ州を目指す。仏教徒だった母の願いを尊重し、父子は奇想天外な行動を起こす。

 一行の行動は奇妙だ。腹をすかせて入った食堂で、食事をすべて「毒」とみなす。スーパーへ行けば「食材の救済」と称して大量の食べ物を万引きする。家族の理解者であるベンの妹夫妻の家に泊めてもらうが、あまりに常識はずれのため対立する。ボウドヴァンはキャンプ場で知り合った少女に恋をし、プロポーズまでするが振られてしまう。葬儀にはド派手な衣装で参列し、ベンと妻の父ジャック(フランク・ランジェラ)は激しく衝突する。

haji_sub2.jpg

 ネットなど最新技術と無縁の家族をコミカルに描写しつつ、現代人が持つ自然への憧れも浮かび上がらせる。母と子の生前の姿を回想するシーンがあってもよかったが、モーテンセン演じる型破りだが繊細な父親、個性豊かな子供たちの演技に魅せられる。便利すぎる社会に慣れた人々へ、皮肉を込めた独創的作品だ。

(文・藤枝正稔)

「はじまりへの旅」(2016年、米国)

監督:マット・ロス
出演:ビゴ・モーテンセン、フランク・ランジェラ、ジョージ・マッケイ、サマンサ・アイラー、アナリース・バッソ

2017年4月1日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで、

http://hajimari-tabi.jp/

作品写真:(C)2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448663067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック