2017年03月30日

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」ケネディ夫人の素顔 ナタリー・ポートマンが熱演

jky_main.jpg

 ジャッキーことジャクリーン・ケネディ。世界で最も有名なファーストレディーである。洗練されたファッションは世界中で流行し、華やかな生活は女性たちの憧れの的となった。だが、それはあくまで彼女の表面的なイメージに過ぎず、素顔はベールに包まれたままだった。

 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」は、ケネディ暗殺後から葬儀までの4日間に焦点を絞り、知られざるジャッキーの実像に光をあてた作品である。ジャッキーを取材するジャーナリスト、ケネディの弟ロバート、秘書のナンシー、悩みを打ち明ける神父。さまざまな人々との対話や交流を通して、試練に立ち向かう姿を描き出していく。

jky_sub1.jpg

 劇中、ジャッキーがホワイトハウス内を案内するテレビ番組の映像が挿入される。そこには紛れもない本物のジャッキーが映し出されているのだが、前後にジャッキー役のナタリー・ポートマンが登場しても、何ら違和感を抱かせないのは見事。

 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(11)では、メリル・ストリープが英国初の女性宰相になりきっていた。ポートマンもアクセント、話し方、物腰、メイクに至るまで、ジャッキーを完璧にコピーしており、ストリープに負けていない。誰もが知っている人物は、いかにそっくりに演じるかが観客を引き込む上で重要だ。ポートマンの“なりきり演技”は大成功である。

 誰もが知っているといえば、ケネディ暗殺の瞬間をとらえた、あの8ミリ映像。作品では映像をさらに近距離で再現し、惨劇を生々しく伝えている。3発の銃撃のうち、2発目と3発目が命中。3発目が頭部を破壊し致命傷となった。飛び散った血はジャッキーの体に付着。シャワーを浴びるジャッキーの毛髪から血が流れ落ちるシーンが衝撃的だ。

jky_sub2.jpg

 「最初の銃声が響いた時、夫をかばえば次の銃撃を避けることができたかもしれない」。ジャッキーは後悔の念を語る。マリリン・モンローをはじめ女性関係が派手だったケネディ。浮気をめぐってジャッキーとはけんかが絶えなかったとも聞く。決して円満な関係ではなかった。夫を守れなかったのではなく、守らなかったのではないか。ついそんな想像をしてしまうのは、5年後にケネディとはまったくタイプの異なる大富豪と再婚してしまったことを知っているからだ。

 夫婦としてはうまくいかなかった。しかし、大統領とファーストレディとしてみれば、完璧なカップルだった。「リンカーンの葬儀に劣らぬ美しい葬礼を」。最後のミッションを完遂すべく、ジャッキーは毅然たる一歩を踏み出すのである。

(文・沢宮亘理)

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」(2016、米国・チリ・フランス)

監督:パブロ・ラライン
出演:ナタリー・ポートマン、ピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ビリー・クラダップ、ジョン・ハート

2017年3月31日(金)、TOHOシネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://jackie-movie.jp/

作品写真:(c)2016 Jackie Productions Limited
posted by 映画の森 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック