2017年03月13日

世界が注目する國村準、韓国映画「哭声 コクソン」で圧倒的存在感「現場はどこも変わらない」

國村隼1.jpg

 一方では山に住み着いた得体の知れない“よそ者”、一方では自殺志願の人に寄り添う元警察官――。韓国映画「哭声 コクソン」とベルギー・フランス・カナダ合作映画「KOKORO」で正反対のキャラクターを演じた國村隼が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」を訪れた。2作品の上映のほかにトークショーも開催され、観客のアンケートで選ぶファンタランド大賞では「人物賞」を受賞。さながら「國村準祭り」の様相だ。國村と「哭声」のナ・ホンジン監督に話を聞いた。

不気味な“よそ者”

 「チェイサー」「哀しき獣」で韓国の社会問題を下敷きに犯罪と暴力を描いたナ・ホンジン監督が、「哭声 コクソン」では被害者に焦点を当て、小さな村の混乱を描き出す。

 ある山村に一人の“よそ者”が現れてから奇妙な殺人事件が続き、人々は恐怖に陥る。ナ監督は物語のモチーフを新約聖書から得た。「エルサレムに向かうイエスをユダヤ人がどう見たのか」という視点から“よそ者”のキャラクターが誕生。外見上は村人たちと似ていながら異質である点を強調するため設定を日本人としたが、キャスティング時に監督の頭に真っ先に浮かんだのが國村だった。最後まで観客を惑わせる“よそ者”役にふさわしいと思ったという。オファーを受けた國村も「彼が撮るなら面白くないわけがない。この役をほかの人に取られたくない」と即決した。

國村隼2.jpg

 ミステリー、スリラー、ファンタジーと多くのジャンルを取り入れ、宗教的要素も盛り込んだ作品。ナ監督は「構想から完成まで6年かかった。一生かけてもできないかもしれないと思った」と、生みの苦しみの日々を振り返った。

 ロケは半年に及んだ。妥協を許さないナ監督の撮影現場は國村にとって「経験したことがないほどタフな現場」。ふんどし一丁で岩山を走り回るのは序の口(シナリオでは全裸という設定だったとか)で、過酷な撮影に耐えた。「滝に打たれるシーンは2テイクで終えてほしいと監督に頼んだ」ものの、結局はその倍ほどのテイクを要したという。そのかいあってか“よそ者”は圧倒的な迫力でスクリーンを支配し、映画に緊張感を与えている。

國村隼3.jpg

 國村は韓国の「青龍賞」で日本人初の男優助演賞と人気スター賞をW受賞。人気スター賞の5人の中には女優ペ・ドゥナもいて、「ファンなので一緒に受賞できたのはうれしかった」。知名度も急上昇したそうで「韓国の街を歩いていて『悪魔だ!』と声をかけられ、一緒に写真を撮ってほしいと頼まれるのには驚いた」と笑う。

 ナ監督は「日本にはこのようなジャンルの映画が多いので、受け入れられるかどうか心配もある。面白く見てくれればうれしい。なぜ主人公が被害にあわなければならなかったのかを考えてもらえれば」と日本の観客にメッセージを送った。

ジョン・ウー、タランティーノ作品も

 「KOKORO」はベルギーの女性監督の作品で、島根県隠岐島の雄大な自然を背景に生きる希望を見出す人々の物語だ。フランス人女性アリス(イザベル・カレ)が、亡き弟がしばらく滞在していた日本の海沿いの村を訪ねる。この村では絶壁から海に身を投げる人が後を絶たない。女性はこの村でさまざまな過去を持つ人々と出会い、ゆっくりと癒やされていく。國村の役どころは、自殺を思いとどまらせる活動をする元警察官。自らも心に傷を負いながら絶望した人々に寄り添う、懐の深いキャラクターだ。

國村隼4.jpg

 「KOKORO」の上映後には國村のトークイベントが開かれ、熱心なファンが詰めかけた。國村は車好きがこうじて進んだ高等専門学校を辞め、バイト生活中に劇団の研究生に応募したことをきっかけに演技の道に足を踏み入れる。リドリー・スコット監督が大阪で撮影した「ブラック・レイン」のオーディションに参加したことが転機となった。その後、ジョン・ウー監督やクエンティン・タランティーノ監督の映画にも出演。「KOKORO」では、ほとんどのせりふを英語でこなしている。

 外国映画の仕事にも抵抗はまったくない。「映画の現場でやるべきことは同じ。同じ道具建ての中で、いかに映画の世界観を立ち上げるかが俳優の仕事」。文化や言葉は違っても同じ映画人だという言葉に、外国人の監督や共演者に愛される理由が見えた。

(文・写真 芳賀恵)

kokuson_main.jpg

「哭声 コクソン」(2016年、韓国)

監督:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ

2017年3月11日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kokuson.com/

作品写真:(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

写真:
1:(右から)「哭声 コクソン」のナ・ホンジン監督、國村隼
2と3:國村準トークイベント
4:(右から)「KOKORO」のヴァンニャ・ダルカンタラ監督、國村準=いずれも北海道夕張市で3月4日〜5日
5:「哭声 コクソン」

kokoro_main.jpg

6:「KOKORO」

posted by 映画の森 at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック