2017年01月27日

「僕と世界の方程式」天才数学少年、人と出会い新たな人生へ

boku_main.jpg

 テレビドキュメンタリー作家のモーガン・マシューズによる初劇場作品。07年に製作した「国際数学オリンピック」に出場する学生を追った3本の記録番組が元となっている。

 国際数学オリンピックを目指す天才少年ネイサン(エイサ・バターフィールド)は、他人とコミュニケーションがうまく取れず、医師から「自閉症スペクトラム」と診断される。数学や図形に興味を示し、幼いころから才能を発揮していた。しかし、唯一の理解者だった父を交通事故で亡くし、さらに自分の殻にこもってしまう。母ジュリー(サリー・ホーキンス)は、息子の才能を伸ばそうと数学教師のマーティン(レイフ・スポール)に個人授業を依頼する。

boku_sub1.jpg

 少年になったネイサンの現在を主軸に、幼い過去を交差させて物語は展開する。人との出会いが人生を切り開いていく。師となりオリンピック参加を勧めるマーティンは、父親的な存在だ。数学の強化合宿があった台北で出会った中国チームの女子生徒チャン・メイ(ジョー・ヤン)は、ネイサンの心に入り込み、癒やし、新たな世界の扉を開かせるミューズとなる。

 心境の変化は、環境の変化にも影響されていた。ネイサンが生まれ育った英シェフィールドは整然とした町。合宿先の台北に身を置いたことで、新たな価値観に向き合い、自らを解放させる。数式で答えを出す世界に育ったネイサンは、それまでの方法では回答できない愛にたどり着く。人生にカラフルな色がつき、新たに生まれた無限の感情とともに成長していく。

boku_sub2.jpg

 難しい役を繊細に演じたバターフィールドの好演と、ネイサンの人生に静かに寄り添う演出。ドキュメンタリー出身のマシューズ監督の洞察力、柔軟な視点が合わさり、心温まる作品となった。

(文・藤枝正稔)

「僕と世界の方程式」(2014年、英国)

監督:モーガン・マシューズ
出演:エイサ・バターフィールド、レイフ・スポール、サリー・ホーキンス、エディ・マーサン、ジョー・ヤン

2017年1月28日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://bokutosekai.com/

作品写真:(c)ORIGIN PICTURES (X&Y PROD) LIMITED/THE BRITISH FILM INSTITUTE / BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2014
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック