2017年01月21日

「ショコラ 君がいて、僕がいる」パリに実在した芸人コンビ 光と影に満ちた半生

ckl_main.jpg

 20世紀初めのフランスで、実在した白人と黒人の芸人コンビをモデルにした映画「ショコラ 君がいて、僕がいる」。黒人芸人ショコラに「最強のふたり」(11)のオマール・シー、白人芸人フティットにチャールズ・チャップリンの孫ジェームス・ティエレ。今年はショコラの没後100年にあたる。

 地方巡業中のサーカス一座に、ピン芸人のフティットがオーディションを受けに来た。一座には「人食い人種」を名乗り、雄たけびで観客を脅かす黒人芸人カナンガがいた。かつては人気者だったフティットは、再起を目指して声をかけ、二人は舞台で芸を見せるチャンスを与えられる。

ckl_sub1.jpg

 白人と黒人。かつてない芸人コンビに観客は固まる。それを見てこわばるカナンガ。しかし、フティットの機転で客席から小さな笑いが起こり、やがて爆笑が巻き起こった。座長にも認められてデビューに成功。カナンガは「ショコラ」に名を変え、フランス史上初の白人と黒人の芸人コンビが誕生した──。

 人種差別が根強い当時のフランスで、二人の芸も偏見がベースになっていた。ショコラは基本的に「白人に虐げられる」役回り。不法移民で常に警察を恐れていた。見世物的な芸ではあったが、コンビは一流サーカスにスカウトされ、看板芸人に上り詰める。地位と名声を手に入れたのもつかの間、ショコラは酒とギャンブルにおぼれる。

ckl_sub2.jpg

 「映画の父」リュミエール兄弟のフィルムに、実際の二人の芸が残っている。コンビの半生は光と影に満ちていた。前半は人気を博して表舞台で輝き、後半でショコラは差別に苦しんでいく。二人を知らない人にも分かりやすく、丁寧な演出とテンポがいい構成だ。体を張った「動」、内面を掘り下げる「静」の演技。シーとティエレのアンサンブルもよく、ノスタルジックで郷愁に満ちた良作となった。

(文・藤枝正稔)

「ショコラ 君がいて、僕がいる」(2015年、仏)

監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム、オリビエ・グルメ、フレデリック・ピエロ

2017年1月21日(土)、シネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://chocolat-movie.jp/

作品写真:(C) 2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446208470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック