2017年01月11日

「ブラインド・マッサージ」触覚、嗅覚を駆使した濃密な“ふれあい” 盲人のリアルな世界に迫る

bm_main.jpg

 盲人たちの世界をリアルに描いた中国映画「ブラインド・マッサージ」。生々しい作品だ。彼らのコミュニケーションのありようである。欠落した視覚を補うため、聴覚だけでなく、触覚や嗅覚も駆使した濃密なコミュニケーション。そのありようが生々しいのだ。

 健常者であれば相手との間に一定の距離を取るのが普通。だが、彼らは遠慮なく密着して、触り合い、かぎ合う。“ふれあい”という言葉が比喩ではなく、本当に肌を触れ合わせる。過剰なまでの接触ぶりは何とも生々しい。エロティックと言ってもいい。

bm_sub1.jpg

 舞台は南京のマッサージ院。マッサージ師の資格を持った盲人たちが、住み込みで働いている。ある日、院長のシャーを頼って、同級生のワンと恋人のコンが転がり込んでくる。若いシャオマーは、あだっぽいコンにのぼせ上がるが、相手にされず意気消沈。そんなシャオマーを、先輩マッサージ師が行きつけの風俗店に誘う。シャオマーは初めて体を重ねたマンにのめり込み、店の常連となる。

 風俗嬢であるマンに熱を上げるシャオマー。その純情にほだされるマン。盲人と風俗嬢。ともに日陰の存在だ。そんな2人が強くひかれ合う。彼らの恋ははたして成就するのか――。

bm_sub2.jpg

 美人でありながら盲目ゆえに、その価値が理解できないドゥ・ホン。結婚に憧れ何度も見合いをするが、ことごとく破談となる院長のシャー。サラ金に手を出した弟の尻ぬぐいに奔走するワン。それぞれが悩みや苦しみをかかえながらも、希望を失わず人生を生きている。盲目という現実を恨むことも、他人に甘えることもなく、自らの運命を受け入れ、懸命に生きている。

 描かれるのは、恋、セックス、家族、夫婦、キャリア。同情も啓蒙もなく、ただただ、盲人のリアルな世界に肉薄したい。そんな監督の情熱が全編を貫く力作だ。

(文・沢宮亘理)

「ブラインド・マッサージ」(2014年、中国・フランス)

監督:ロウ・イエ
出演:ホアン・シュエン、チン・ハオ、グオ・シャオトン、メイ・ティン

2017年1月14日(土)、アップリンク渋谷、新宿K's cinemaほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.uplink.co.jp/blind/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック