2016年12月31日

「MERU メルー」ヒマラヤ最難関の絶壁へ 男たちの命をかけた挑戦

meru_main.jpg

 ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそそり立つ“シャークスフィン”。並みいるトップクライマー(登山家)たちの挑戦をことごとく退けてきた難攻不落の絶壁に、3人の強者が挑んだ。伝説の名クライマー、コンラッド・アンカー。カメラマンでもある百戦錬磨のジミー・チン。気鋭の若手、レナン・オズターク。

 コンラッドとジミーはコンビ歴10年。気心の知れた間柄だが、レナンはまだ無名。命綱を付けずに険しい崖を登攀する姿にコンラッドが惚れ込み、仲間に加えた。信頼できる相手としか組まない慎重なジミーも、相棒が認めた男ならとレナンを受け入れた。

meru_sub1.jpg

 かくして最強のチームが誕生する。しかし、最初のアタックは失敗。さまざまなアクシデントに見舞われ、山頂まで100メートルの地点でやむなく引き返した。凍傷で腐りかけた足が、挑戦の凄まじさを物語る。

 下山後しばらくは車椅子生活。「もう2度と挑むまい」と一度は誓い合った3人だったが、3年後、呼び戻されるように再び絶壁に挑む。最初のアタック後、レナンは滑落事故で重傷を負い、再起不能の危機に追い込まれていたが、超人的な精神力で復活した。

 先行者が蹴り砕く氷のかけらが後続者の頭上に降り注ぐ。宙吊りのテントを吹雪が激しく揺らす。死と隣り合わせの試練が続き、ついに山頂が眼前に迫る――。

meru_sub2.jpg

 ジミーとレナンによって撮影された実際の映像が、過酷なクライミングの実態を生々しく伝える。CG(コンピューター・グラフィックス)も再現映像も使わない、正真正銘のドキュメンタリーならではの迫力だ。インタビューや私生活の映像は3人のバックグラウンドを語る。彼らを登山に駆り立てるものが何なのか。想像がかきたてられる。

 単なる山岳映画ではない。友情、愛情、勇気、忍耐。人間にとって大切な感情や精神を描いたヒューマンドラマでもある。

(文・沢宮亘理)

「MERU メルー」(2015年、米国)

監督:ジミー・チン、エリザベス・チャイ・バサヒリィ
出演:コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク、ジョン・クラカワー、ジェニー・ロウ・アンカー

2016年12月31日(土) 、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、109 シネマズ二子玉川ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://meru-movie.jp/

作品写真:(c) 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445400639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック