2016年11月30日

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」ストリープ×グラント、歌と愛のコメディー・ドラマ

madam_main.jpg

 1940年代、米ニューヨーク。社交界に君臨するマダム・フローレンス(メリル・ストリープ)の愛と財産は、夫シンクレア(ヒュー・グラント)と音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手が夢のフローレンスだったが、自分の歌の致命的な欠陥に気付いていなかった──。

 音楽の殿堂「カーネギーホール」で、音痴なのにリサイタルを開いた実在の富豪フローレンス・フォスター・ジェンキンス(1868〜1944)と、夫シンクレア・ベイフィールドを描いたコメディー・ドラマ。監督は「クィーン」(06)、「あなたを抱きしめる日まで」(13)のスティーヴン・フリアーズだ。

madam_sub1.jpg

 映画界では今ちょっとした「マダム・フローレンス」ブームのようだ。昨年は彼女がモデルのフランス映画「偉大なるマルグリット」(15)が公開。今回は本人をストレートに描く「本命版」といえる。

 フローレンスはずばり「下手の横好き」。本人はひどい歌声に気付かず、真面目に練習に取り組み、歌に情熱を捧げる。はたから見れば滑稽としかいえない。夫のシンクレアといえば、ひたすら妻の夢のため奔走する。金をばらまいて人を買収し、音楽知らずのイエスマンを集めて裏工作に励む。ブラックな夫である。

madam_sub2.jpg

 いわば舞台劇的な演出のため、俳優の演技がものをいう。大女優ストリープはジャンルを問わず柔軟に演じ分けられる。彼女のキャリアでも珍しいコメディーで音痴役だ。実際には「マンマ・ミーア!」(08)でも証明された美声で、今回はわざわざ訓練して演じたそうだ。

 年下夫役のグラントが、実は裏の主役かもしれない。端正な外見を武器に満面の笑みをたたえ、献身的に妻を支える表の顔。夜は妻が寝たことを確認し、愛人が待つ別宅で過ごす。二面性を持つ腹黒いプレイボーイを楽しげに演じている。

 1940年代、第二次世界大戦中の米国。フローレンスの音痴な歌声は、ささくれだった米兵の心を癒やしたという。 ノスタルジックな時代背景に、ストリープとグラントの息の合った名演。ストレス多き現代人の心を癒やす、楽しいコメディー映画に仕上がった。

(文・藤枝正稔)

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(2016年、英)

監督:スティーブン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーク、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ

2016年12月1日(木)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/florence/

作品写真:(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック