2016年11月13日

「華麗なるリベンジ」ファン・ジョンミン×カン・ドンウォン 検事と詐欺師のバディ・ムービー

karei_main.jpg

 韓国の人気俳優ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン共演の“バディ・ムービー”「華麗なるリベンジ」。無実の罪で収監された検事とイケメン詐欺師がコンビを組み、巨大な権力に立ち向かう。

 リゾート開発に反対する過激な環境保護団体が、警察と激しく衝突した。正義感が強く苦労人の検事ピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、背後に開発側の関与を疑う。一方、政界進出を狙う次長検事のジョン・ギル(イ・ソンミン)にとってジェウクは邪魔だった。捜査から手を引くよう命じるが、ジェウクは無視して取り調べを強行する。ところが容疑者が取調室で死亡。ジェウクは疑われて15年の実刑判決を受け、収監される。

karei_sub1.jpg

 刑務所生活も5年が過ぎた。受刑者から一目置かれる存在となっていたジェウクの前に、巧みな話術とルックスで人をだます詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)が現れた。ふとした会話からチウォンが5年前の事件にかかわっていたことを知るジェウク。真相を知り自らの汚名をすすぐため、チウォンに取引を持ちかける。「出所を助けるから自分の計画を手伝ってくれないか」

 チウォンはジェウクの提案に同意。しかし、二人は性格も行動も正反対。あくせく働くのが嫌いなチウォンだったが、ジェウクにとっては命綱。いやいやながらもチウォンは手足となって動き、詐欺師の才能を発揮。5年前の事件の核心に迫っていく──。

karei_sub2.jpg

 ファン・ジョンミンは静の演技。塀の中で腰を据え、内面に炎をたぎらせ、少しずつ真実に近付いていく。閉ざされた空間で重厚感を見せる。対するカン・ドンウォンは動の演技。口八丁手八丁、表情豊かに軽妙に詐欺師になりきる。時間とともに頼りになる相棒へ変わっていく。

 対照的な二人の男が、手を組んで巨悪と戦う。ありがちなストーリーだが、主演二人のメリハリある演技で見ごたえある娯楽作品となった。

(文・岩渕弘美)

「華麗なるリベンジ」(2015年、韓国)

監督:イ・イルヒョン
出演:ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン、イ・ソンミン、パク・ソンウン、シン・ソユル

2016年11月12日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kareinaru-revenge.com/

作品写真:(C)2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443889616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック