2016年10月29日

「湯を沸かすほどの熱い愛」オダギリジョーと宮沢りえ主演 中野量太監督、緩急自在の演出

wakasu_main.jpg

「死に行く母と残された家族が紡ぎ出す愛」。普遍的なテーマを真正面から描いた「湯を沸かすほど熱い愛」は、自主製作映画「チチを撮りに」(13)の中野量太監督の商業映画デビュー作だ。

 銭湯「幸の湯」を営む幸野家の日常で映画は幕を開ける。父の一浩(オダギリジョー)が1年前にふらっと家を出ていったため銭湯は休業中だ。今は母の双葉(宮沢りえ)と娘・安澄(杉咲花)が二人暮らし。朝の風景を通して仲むつまじさが見えてくる。ところが双葉がパート先で倒れ、医師に余命2カ月と宣告される。双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決めて実行していく──。

 冒頭で陰湿ないじめをうける安澄が描かれる。いじめる少女の残酷性、いじめられる安澄の気持ちを掘り下げる。心が折れそうな安澄を、双葉は一歩も引かずに励まし、背中を押し続ける。母娘の絆の強さ。脚本も手がけた監督の語り口も絶妙だ。毎年送られてくるカニ、安澄の手話、エジプト旅行。一見唐突な単語や小道具が伏線になり、すべて回収される。巧みな構成だ。

wakasu_sub1.jpg

 表向きは家族の絆と愛を描くが、実はその現実は非常に屈折している。登場人物のほとんどが親と別れている。高校生の時に両親と死別した一浩、母親に捨てられた小学生の鮎子。ヒッチハイカーの拓海(松坂桃李)も母を知らない。探偵の滝本(駿河太郎)の娘も母を亡くしている。双葉がいる幸野家はまるで寄り合い所帯の疑似家族。居場所を失った人々が居場所を見つける物語にもなっている。

 いじめや余命などネガティブに陥りやすい要素を、ポジティブに飛躍させた演出に大器の予感がする。女優たちの演技も素晴らしい。宮沢は母性と意志の強さを持った女性を好演し、病床の表情に女優魂を感じた。杉咲花は「トイレのピエタ」(15)の生命力あふれる女子高生から一転。いじめられながらも運命を受け入れる姿を健気に演じた。
 
 商業デビュー作で宮沢、オダギリジョーら人気俳優を起用した中野監督。気負いなく自身の作家性を提示した。家族愛という普遍的なテーマを扱いながら、直球や変化球を緩急自在に使い分ける。酸いも甘いもかみ分けたベテランが撮ったように、深い洞察力に驚かされた。

(文・藤枝正稔)

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年、日本)

監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼

2016年10月29日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://atsui-ai.com/

作品写真:(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック