2016年09月19日

「歌声にのった少年」ガザの希望、姉への思い胸に 実在歌手の半生

uta_main.jpg

 パレスチナのガザ地区。1948年のイスラエル建国以来、数多の紛争を経験してきた町は、2007年に封鎖され、人々の自由はさらに制限された。そんなガザを歌声で勇気づけた青年歌手の半生を、米アカデミー賞外国語映画賞候補作「パラダイス・ナウ」(05)、「オマールの壁」(13)のハニ・アブ・アサド監督が映画化した。

 05年、ガザ。少年ムハンマド・アッサーフ(カイス・アタッラー)は姉のヌール(ヒバ・アタッラー)と友人の4人でバンドを組んでいる。楽しく歌えれば満足のムハンマド。一方、ヌールはカイロのオペラハウスで歌うことを夢見て、魚売りや結婚式での演奏で資金を集めていた。ところが、中古の楽器を手にして夢に一歩近づいた矢先、ヌールは腎不全で倒れてしまう。ムハンマドは手術費を工面しようと奔走するも、ヌールは力尽きた。残されたムハンマドの胸には、姉の言葉と夢が秘められていた。

uta_sub2.jpg

 12年、イスラエルの封鎖によってガザは激変していた。成長したムハンマド(タウフィーク・バルホーム)は亡き姉の夢をかなえるため、スカイプを通じてオーディションを受けるも失敗。友人の言葉に背中を押され、検問所を突破してカイロを目指す――。

 作品のモデルとなったのは、13年に人気オーディション番組「アラブ・アイドル」で優勝したムハンマド・アッサーフ。二人の俳優が二つの時代を映すように演じる。少年期の05年と青年期の12年で、ガザはまったく別の町のように変わっている。封鎖を受けてがれきの山が目立ち、ガザで夢を追うことの難しさを見せつけられる。

uta_sub1.jpg

 しかし、ガザの表情は一つではない。メディアで目にする町とは異なる映像に出合える。過酷な環境にも負けず、生活する人々の姿がある。白熱するストリート・サッカー。にぎやかな結婚式。テレビを囲む家族。

 オーディション番組に登場するムハンマドのプレッシャーははかり知れない。寄せられた「ガザの希望」という期待は重い。亡き姉との約束を抱き、重圧に耐えながら響かせる力強い歌声に胸を打たれる。

(文・魚躬圭裕)

「歌声にのった少年」(2015年、パレスチナ)

監督:ハニ・アブ・アサド
出演:タウフィーク・バルホーム、カイス・アタッラー、ヒバ・アタッラー、ディーマ・アワウダ、アハマド・ロッホ

2016年9月24日(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラスト有楽町ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://utagoe-shonen.com/

作品写真:(C)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック