2016年07月30日

「アンフレンデッド」いないはずの彼女が突然現れた ネットで追い詰められる恐怖 パソコン画面だけで展開するホラー

un_main.jpg

 ネットいじめで女子高生が自殺した。1年後。同級生たちがネット上でおしゃべりしていると、突然メッセージが現れた。「私の恥ずかしい動画をアップしたのは誰?」。自殺したはず彼女だった。仲間の秘密を暴露しながら、SNS(交流サイト)を使った壮絶な復讐が始まった──。

 SNS上だけで物語が展開するホラー「アンフレンデッド」。製作総指揮は「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのジェイソン・ブラム。監督は過去にCM100本以上を演出してきたレヴァン・ガブリアゼだ。

un_sub2.jpg

 女子高生ローラは同級生たちの目の前で拳銃自殺した。ネットにはその様子を写した動画がアップされ、関連リンクで自殺の原因になった「恥ずかしい動画」が見られるようになっている。動画を見た友人たちがネットでチャット(雑談)していると、正体不明のアカウントが登場。死んだはずの「ローラ」を名乗り、友人たちに話しかける。

 3D全盛の現代。映画の大スクリーンで立体的な映像、ダイナミックな動きを楽しむのが主流になっている。そんな流れに反するように、「アンフレンデッド」は狭いパソコン空間を舞台にした。スクリーンに映し出されるのは、ほぼパソコン画面のみ。すべてが平面上て展開すると独特の作品だ。

un_sub1.jpg

 仲間の前に再び現れた「ローラ」は、ネットの中だけに生きる実体のない霊だ。仲間の秘密や弱点、隠しごとを暴露しながら、自分主導のゲームに強制的に参加させる。仲間割れや恋愛感情を利用し、疑心暗鬼に陥れ、精神的に追い込んでいく。これまでにない変わり種の霊といえよう。

 主観映像で恐怖に陥れる「パラノーマル・アクティビティ」シリーズで頂点を極めたブラムが、次なる一手として仕掛けた「アンフレンデッド」。本末転倒に聞こえるが、映画のスクリーンよりパソコンの画面向けといえる。今の若者の必需品になったネットとSNSを巧みに取り入れた。ネットを使わない人にはピンとこないが、新たな世代に向けて斬新な切り口で描いたホラーだ。

(文・藤枝正稔)

「アンフレンデッド」(2014年、米国)

監督:レヴァン・ガブリアーゼ
出演:シェリー・ヘニッヒ、モーゼス・ストーム、レニー・オルステッド、ウィル・ペルツ、ジェイコブ・ワイソッキ

2016年7月30日(土)、新宿シネマカリテほかで公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://unfriended.jp/

作品写真:(C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック