2016年05月30日

「デッドプール」マーベル発の異色ヒーロー 毒舌で自分中心、過激描写たっぷり

pool_main.jpg

 百花繚乱のマーベルコミック原作映画に、異色のヒーローが誕生した。人気シリーズ「X-MEN」のスピンオフ(派生作品)、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した「デッドプール」。毒舌家で自己中心的な主人公のアクション娯楽作だ。

 元傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、けちな悪党を懲らしめ日銭を稼いでいた。娼婦ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と出会って結婚。ささやかな幸せをかみしめる矢先、末期がんと告げられる。そこへある男が怪しい治療方法を勧めてきた。「誰もが夢見る力が手に入る」と誘われ、行った先は不気味な実験室だった。

pool_sub1.jpg pool_sub2.jpg

 そこは余命わずかな人々の肉体を改造し、殺人兵器として売り飛ばすための施設。責任者のエイジャックス(エド・スクライン)は自分の体にもメスを入れ、超人的な力を身につけていた。繰り返し実験され、驚異の治癒能力と不死の体を得たウェイドだったが、皮膚はただれて無残な外見に。脱走して自前のスーツに身を包み、エイジャックスの行方を追う──。

 「デッドプール」の面白い点は二つ。主人公が観客と自分の間にある「壁」を破ることだ。スクリーンの中からこちらに話しかけてくるため、演出に奥行きが出る。さらに、毒舌と過激描写でヒーロー作品には珍しく、全米で「R指定」された点。原作のキャラクター造形に近づいた。

 派手なアクションと止まらぬジョーク。映画好きが喜ぶ小ネタも多い作品だ。

(文・魚躬圭裕)

「デッドプール」(2016年、米国)

監督:ティム・ミラー
出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノ、ブリアナ・ヒルデブランド

2016年6月1日(水)、TOHOシネマズ日劇ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

作品写真:(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック