2016年02月17日

「ドラゴン・ブレイド」ジャッキー最新作 ローマ軍VS中国西域軍の死闘、壮大なスケールで

dragon_main.jpg

 ジャッキー・チェン主演最新作「ドラゴン・ブレイド」。紀元前の中国で、ローマ帝国軍と西域連合軍が戦った史実をもとに、壮大なスケールで描く歴史アクションだ。監督は「三国志」、「項羽と劉邦」などのダニエル・リー。ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディが出演している。

 紀元前50年、前漢時代の中国。シルクロードの砂漠地帯を警備する西域警備隊長のフォ・アン(ジャッキー・チェン)は、金貨密輸の濡れ衣を着せられ、異民族と衝突の緊張高まる最前線へ送られる。

dragon_sub2.jpg

 国境の砦修復を進めていたフォンの前に、謎の軍隊が現れた。ヘルメットをかぶった屈強な兵士の一軍は、はるか西方から来たローマ帝国軍。率いていたのは将軍ルシウス(ジョン・キューザック)だった。祖国での権力争いに巻き込まれ、暗殺された上官クラッススの幼い息子を連れ、東方へ逃れてきたという。

 ルシウスに敵意がないことを知ったフォ・アンは、ローマ軍を砦に招き歓待する。恩義を感じたルシウスは、先進的な「ローマの建築技術で砦を修復しよう」と申し出る。フォ・アンとルシウスに芽生えた友情。二人は過去を語り合う仲となる。

 一方、西方にはさらにローマから中国を目指す一軍がいた。同じくクラッススの息子ティベリウス(エイドリアン・ブロディ)。大軍を率いてシルクロード、果ては中国の侵略を狙っていた──。

dragon_main.jpg

 東西の豪華キャストで描かれる「ドラゴン・ブレイド」。まず物語のスケールが大きい。紀元前の昔、シルクロードの砂漠地帯で、ローマ軍と西域軍が死闘を繰り広げた──歴史ファンでなくても胸躍るエピソードだ。中国では06年、実際に「甘粛省でローマ次帝国軍の末えいが今も暮らしている」とのニュースが伝えられ、学術的な検証が進められているという。

 砂漠での大規模なロケ撮影、国際色豊かなキャスト。急成長する中国映画界のパワーを感じる作品でもある。すでに60代になったジャッキー・チェンだが、監督、製作、アクション監督、主題歌まで、なお縦横無尽の働きぶりだ。

「ドラゴン・ブレイド」(2014年、中国・香港)

監督:ダニエル・リー
出演:ジャッキー・チェン、ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディ、リン・ポン、チェ・シウォン

2016年2月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://dragon-blade.com/

作品写真:(C)2015 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. SHENZHEN TENCENT VIDEO CULTURE COMMUNICATION LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
posted by 映画の森 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック