2015年12月05日

「中国インディペンデント映画祭2015」独立&自由な表現目指す 14作品一挙上映 監督らのトークショーも

k.jpg

 「中国インディペンデント映画祭2015」が2015年12月12〜27日、東京・ポレポレ東中野で開催される。今回で5回目。会期中は小栗康平監督らが参加するトークショーも予定されている。

 同映画祭は民間の有志によって運営され、2年に1度開催されている。当局の検閲が厳しい中国で、より自由な表現を志向する「独立電影(インディペンデント映画)」のみを集めている。今年は計14作品を上映し、うち10作品が日本初上映となる。

 「罪の手ざわり」(13)などで知られるジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督が製作し、英国人とモンゴル系監督二人の共同作品「K」は、カフカの小説「城」の舞台を内モンゴル自治区に置き換えた。今年のベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品された。

トラップストリート.jpg

 「トラップストリート」(13)は、ベルリン国際映画祭最高賞(金熊賞)「薄氷の殺人」(14)を製作したウェン・イェン(文晏)の初監督作品。測量士の青年の恋愛物語に社会性の高いテーマを絡めている。ベネチア国際映画祭出品作。

 「凱里ブルース」のビー・ガン監督は、11月にあった中華圏最大の映画賞・台湾「金馬奨」で最優秀新人監督賞を獲得。監督の故郷の貴州省がノスタルジックに、幻想的に描かれている。ロカルノ国際映画祭でも最優秀新人監督賞を獲得した。

 また、デビュー作の「安陽の赤ちゃん」(01)など4作品が特集上映されるワン・チャオ(王超)監督が、旧知の間柄である小栗康平監督(「FOUJITA」)とのトークショーに参加する。ほか上映作品の監督の多くが来日し、観客との質疑応答に出席する予定だ。

 「中国インディペンデント映画祭2015」は2015年12月12〜27日、ポレポレ東中野で開催。作品の詳細や上映スケジュールは公式サイトまで。

http://cifft.net/
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック