2015年11月30日

「グリーン・インフェルノ」食人族と現代人の対決、黒い笑いをまぶした悲劇

green_main.jpg

 「ホステル」(05)の鬼才イーライ・ロス監督が、イタリアの怪作「食人族」(80)をモチーフに、人食いの恐怖を描いた「グリーン・インフェルノ」。アマゾンの奥地で食人族にとらわれた若者たちの格闘を描く。

 ペルーのジャングル。企業による森林破壊を糾弾するため、学生の環境保護グループが現地に乗り込む。インターネットを駆使し、企業の悪事を世界に発信するメンバー。しかし、帰路に乗ったセスナ機がジャングルの真ん中に墜落。そこで出会ったのは、人間を食べる「食人族」だった。

green_sub2.jpg

 皮肉なことに、食人族=ヤハ族は、若者たちが森とともに救おうとしていた先住民族だった。食人族は目の前で人間を解体して食べ始める。携帯電話もGPSも奪われ、若者たちはなすすべもない。現代人の弱さがまざまざと映し出される。

 一方、ロス監督は若者のリーダーのアレハンドロ(アリエル・レビ)を利己主義者の悪者として描く。国連職員を父に持つ仲間のジャスティン(ロレンツァ・イッツォ)を利用し、告発相手の企業と裏取引を展開。食人族にとらわれた後も横暴な行いを繰り返し、仲間の足を引っ張る。これに対し、利用されていたジャスティンが絶体絶命の危機を乗り越え、生命力を発揮する。

green_sub1.jpg

 最新技術で「食人映画」を蘇らせたロス監督。ブラックな視点にスプラッター描写を折り込み、起承転結をテンポよく描いた。若者たちの慈善活動、企業告発、食人族による恐怖。スリリングな悲劇に、黒い笑いをまぶした作品だ。

(文・藤枝正稔)

「グリーン・インフェルノ」(2013年、米・チリ)

監督:イーライ・ロス
出演:ロレンツァ・イッツォ、アリエル・レビ、ダリル・サバラ、カービー・ブリス・ブラントン、スカイ・フェレイラ

2015年11月28日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://green-inferno.jp/

作品写真:(C)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

posted by 映画の森 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック