2015年07月09日

「ターミネーター 新起動 ジェニシス」シュワ12年ぶりシリーズ復帰、力技健在

tmn_main.jpg

 ジェームズ・キャメロン監督の大ヒット作「ターミネーター」(84)。主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが駆け上がり、09年までに計4本が作られる人気シリーズとなった。

 今回の最新第5作「ターミネーター 新起動 ジェニシス」の監督は、「マイティー・ソー ダーク・ワールド」(13)のアラン・テイラー。キャメロン監督の助言を受けながら演出したという。シュワルツェネッガーが3作目以来、12年ぶりにシリーズ復帰したことも話題となっている。

tmn_sub1.jpg

 舞台は2029年の地球。機械軍が支配する世界で、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)率いる人類抵抗軍が死闘を繰り広げている。抵抗軍の勝利が目前となった時、機械軍はコナーの母サラ(エミリア・クラーク)殺害をもくろみ、ターミネーターを送り込む。抵抗軍もジョンの右腕カイル(ジェイ・コートニー)を投入する──。

 過去のシリーズ4本を見ていると楽しみが倍増する。シリーズ1本目で描かれた過程を、少しずつ補足しながら忠実に再現。シュワルツェネッガーの登場から肉弾戦の展開、新たなエピソードの追加、時空を越えたターミネーターの戦い。スケール倍増で壮大なSF世界が立ち上がる。

tmn_sub2.jpg

 シリーズ1本目から30年たち、シュワルツェネッガーも年を取った。そこを逆手に取り、特殊技術を存分に生かした設定とした。新旧「二人」のターミネーターの迫力満点の対決。老いたターミネーターが、ファンおなじみのキャラクターに絡む場面も感慨深い。人間関係が複雑になったきらいはあるが、ダイナミックな力技は健在だ。

(文・藤枝正稔)

「ターミネーター 新起動 ジェニシス」(2015年、米国)

監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、ジェイソン・クラーク、イ・ビョンホン

2015年7月10日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.terminator-movie.jp/

作品写真:(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック