2015年06月26日

「きみはいい子」人と触れ合い 癒される心の傷 呉美保監督、自然に絶妙に

いいこ.jpg

 新米の小学校教師、岡野(高良健吾)。娘を虐待する母親、雅美(尾野真千子)。一人暮らしの高齢女性、あきこ(喜多道枝)。三人を軸に三つのエピソードをまとめた作品だ。オムニバス映画ではなく、独立した話を細かく分断し、交互に見せていく。

 岡野はいかにも「今時」の若者。大した苦労を知らずに育ってきたのだろう。生徒の性格や家庭環境がばらばらのクラスを、どうコントロールしていいか分からない。授業に集中できず騒ぐ生徒や、クレームの電話をかけてくる保護者に右往左往する毎日。しかし、放課後いつも一人ぼっちで校庭にいる生徒とかかわったことで、現状打開の糸口を見つけていく――。

いいこ2.jpg

 雅美は夫が海外に単身赴任し、娘と二人暮らし。ちょっとしたことでいら立ち、娘に暴力を振るってしまう。誰にも言えない心の傷を負っていて、それが虐待につながっているようだ。ママ友の一人である陽子(池脇千鶴)は、雅美とは対照的なキャラクター。子どもが何をしようと、慌てず騒がず、いつも温かい眼差しでわが子を見守っている。自分にはないものを持っている陽子に雅美は惹かれ、親しくなっていく。そして、ある日、陽子の思いがけない告白と行動が、雅美の心の固い殻を打ち破る。

 一人暮らしのあきこは、認知症を患い誰もまともに接してくれない。唯一挨拶を交わすのは、自閉症の小学生、弘也だった。家の前を通るたびに「こんにちは、さようなら」。そんな弘也が鍵をなくしてパニックを起こす。あきこは弘也を自宅に招き入れる。やがて弘也を迎えにきたのは、以前あきこが万引きをしたスーパーの店員、和美(富田靖子)だった――。

いいこ3.jpg

 虐待、ネグレクト(育児放棄)、自閉症、いじめ、学校に理不尽な要求を繰り返しぶつけるモンスターペアレント、認知症……。さまざまな問題を抱えた人々が、他人と触れ合うことで心の傷を癒していく。傷ついた人間を癒すことができるのは、人間だけ。気づいて、近づいて、触って、抱きしめることが何より大切なのだ。そんなシンプルなメッセージが、子役を含む俳優たちの自然な演技を通して、見る者の心に響いてくる。

 一つのエピソードの一場面から、別のエピソードの一場面へ。切り替えのタイミングが絶妙だ。流れを止めることなく、スムーズに場面転換していくのが心地よい。脚本と編集の技が冴えている。

 前作「そこのみにて光輝く」(14)で日本映画の最前線に躍り出た呉美保監督が、坪田譲治文学賞受賞の原作を映画化。作家としての可能性をさらに広げた。

(文・沢宮亘理)

「きみはいい子」(2015年、日本)

監督:呉美保
出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、喜多道枝、高橋和也、富田靖子、黒川芽以、内田慈

2015年6月27日(土)、 テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://iiko-movie.com/

作品写真:(C) 2015「きみはいい子」製作委員会
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック