2014年07月20日

第16回台北映画祭、グランプリに社会派ドキュメンタリー「不能戳的秘密2:國家機器」 長編劇映画賞に「迴光奏鳴曲」

リー・カンション&チェン・シャンチー.jpg

 台湾の第16回台北映画祭は2014年7月19日、台北市内で台湾映画を対象とした「台北映画賞」の授賞式を開き、グランプリにドキュメンタリー映画「不能戳的秘密2:國家機器」、最優秀長編劇映画賞に「迴光奏鳴曲」などを選んで閉幕した。

 「不能戳的秘密2:國家機器」は鳥インフルエンザ感染拡大をめぐり、政府・官僚によるデータの不正操作、情報隠ぺいを告発する。リー・フイレン(李恵仁)監督はテレビ局記者出身。08年からフリージャーナリスト、映画監督として調査報道を続けている。「独立メディアの精神を守り、勇気をもって政府・官僚の腐敗を伝えた。台湾社会の暗部を浮かび上がらせた」ことが評価された。

 「迴光奏鳴曲」は、青春映画「藍色夏恋」、コメディー「祝宴!シェフ」などの撮影を担当したカメラマン、チエン・シャン(銭翔)監督の長編第2作。南部・高雄に暮らす平凡な主婦の孤独を描く。主演のチェン・シャンチー(陳湘h)は最優秀主演女優賞を獲得。審査員は「家族や社会から隔絶された中年女性の寂しさを、細やかな描写で映し出した」と評価した。

「KANO 1931 海の向こうの甲子園」.jpg

 主演男優賞は日本で8月下旬公開されるツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督の引退作「郊遊 ピクニック」のリー・カンション(李康生)。主演女優賞のチェン・シャンチーとは同作で共演。蔡監督作品の常連俳優二人は、トロフィーを手にそろって笑顔を見せた。

 台湾の高校が甲子園で準優勝した物語「KANO 1931 海の向こうの甲子園」(2015年1月24日日本公開)は観客賞、最優秀助演男優賞(ツァオ・ユーニン=曹佑寧)の2部門を受賞。マー・ジーシアン(馬志翔)監督は「自分の子供が受賞したようにうれしい」と笑顔を見せた。

「行動代號:孫中山」イー・ツーェン監督.jpg

 さらに「藍色夏恋」以来12年ぶりの新作「行動代號:孫中山」を発表したイー・ツーイェン(易智言)監督が最優秀脚本賞、ミャンマー出身で台湾で活動するジャオ・ダーイン(趙徳胤)監督が最優秀監督賞を獲得した。

 ほか受賞結果は以下の通り。

・最優秀ドキュメンタリー賞
「不能戳的秘密2:國家機器」

・最優秀短編映画賞
「神算」(陳和榆=チェン・ハーユー監督)

(文・写真 遠海安)

タグ:台北映画祭
posted by 映画の森 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック