2014年07月12日

「レクイエム 最後の銃弾」、10月4日公開決定 タイで大規模ロケ、香港骨太犯罪アクション

レクイエム 最後の銃弾.jpg

 香港犯罪映画「レクイエム 最後の銃弾(原題:掃毒)」が10月4日、日本公開されることがこのほど決まった。かつてのジョン・ウー(呉宇森)監督作品を彷彿とさせる本格派“香港ノワール”だ。

 監督はジャッキー・チェン作品など娯楽アクション作品に定評のあるベニー・チャン(陳木勝)。主演は「奪命金」(ジョニー・トー監督)のラウ・チンワン(劉青雲)、「ドラッグ・ウォー 毒戦」のルイス・クー(古天楽)、「ビースト・ストーカー 証人」のニック・チョン(張家輝)。

レクイエム 最後の銃弾2.jpg レクイエム 最後の銃弾3.jpg

 薬物犯罪捜査担当の香港警察の警官3人が、タイの麻薬王と対決。3人の友情、裏切りを絡め、タイでのロケ撮影で描かれる骨太な作品となっている。2014年10月4日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国順次公開。

作品写真:(c)2013 Universe Entertainment Ltd. All Rights Reserved.

タグ:告知
posted by 映画の森 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック