2014年06月27日

「収容病棟」ワン・ビン監督に聞く 中国精神病院に密着 「心を病んだ人々の人間的な愛描きたかった」

ワン・ビン監督1.jpg

 精神病患者が1億人を超えるとされる中国。その精神病院にカメラが入った。記録されたのは社会から見放されてもなお愛を求めてやまない、実に人間的な人々の姿だ。「無言歌」(10)、「三姉妹 雲南の子」(12)のワン・ビン(王兵)監督が、社会のタブーに踏み込み、人間の本性をつかみ出したドキュメンタリー映画「収容病棟」。監督は「精神を病んだ人たち同士の人間的な愛を表現したかった」と語った。

収容病棟.jpg

“生きているか死んでいるか”なんてどうでもいい

 精神病院をテーマにドキュメンタリーを撮ろうと思い立ったのは2003年。北京郊外の精神病院を訪れた時だった。精神病患者に会ったのは初めて。20年も30年も入院している患者がいることを知り、衝撃を受けた。

 「さっそく撮影を申し入れたが断られた。09年まで何度も訪れたが、結局撮影許可は下りなかった」

 最後に訪れた時、何人かの患者が姿を消していることに気付く。看護師に尋ねると「亡くなった」という。

 「看護師たちは、私がそんな質問をしたことに驚いていた。それまでそんなことを聞いてくる人はいなかったからだ。入院している患者たちは家族に見捨てられた人たちが多かった。だから“生きているか死んでいるか”なんてどうでもいいことだった」

ワン・ビン監督2.jpg

歩いてくる患者を巧みによけながら撮影

 北京の病院は断念。しかし3年後の12年、吉報が舞い込む。ある友人が雲南省の精神病院で撮影許可を取ってくれたのだ。撮影には一切制限もなく、自由にカメラを回していいという。さっそく準備を整え、数カ月後には撮影開始。問題は精神病院という閉鎖的な空間で、独自の撮影スタイルが保てるかだった。
 
 「ほどよい距離を保ちながら撮るのが私のスタイル。あまり近付き過ぎるのは好きではない。しかし、病院は空間が非常に限られていた。廊下は回廊状で、幅は1メートルくらいしかない。画面では広く見えるかもしれないが、とても狭い。カメラを回すと誰かにぶつかる。最初の10日くらいは、自分の好きではない近距離で撮らざるを得ないこともあった。しかし、15日目くらいからは、歩いてくる人を巧みによけて撮る方法を習得し、いつものスタイルで撮れるようになった」

収容病棟2.jpg

 撮影は順調に進んだ。患者からの妨害や抵抗もほとんどなかった。

 「一度だけカメラマンが顔を殴られた。患者が発作を起こしたのだ。彼は2、3日たってから謝りにきてくれた。以来、彼とはいい関係を保つことができた。撮影中のアクシデントはその1回だけ」

精神病患者とはいえない人も収容

 カメラを回している以外の時間は、廊下に座って患者たちと話をすることも多かった。

 「よくタバコをねだられた。私のことを“タバコをくれる人”とみていたようだ(笑)。お茶や日用品を求められたこともある。彼らは、病院内で起きたことを話してくれた」

 タイトルの「収容病棟」は、なんとなく暗く非人間的なものを感じさせるが、患者たちには明るく人なつこい人も少なくない。

 「この映画を撮影するまでは、精神病院や患者の実態についてほとんど知らなかった。撮影に入って毎日患者たちと一緒に過ごすと、一人ひとりの性格や病状が、少しずつ把握できるようになった。彼らが入ってきた理由、家庭環境もだんだん分かってきた」

収容病棟3.jpg

 多種多様な人々が収容されていた。中には精神病患者とはいえない人もいた。

 「ある若い男性は“少し頑なで、他人とちょっと違う”という理由だけで収容されていた。そういう人たちを見ていると、自分たちもいつ同じようにこういう病院に閉じ込められるか分からないと思う」

社会から見放されても愛を求めてやまない人々

 終盤に印象的なラブシーンがある。鉄格子越しに男性と女性の患者が抱き合いキスをする。逆光の中に浮かび上がるシルエットが美しい。

 「女性は一人っ子政策に違反して病になった。二人が恋愛関係にあることは、いろいろな人から話を聞いて知っていた。二人のシーンはかなり撮ったが、最もシンプルなシーンだけを編集段階で残した。あれは春節の大みそかから元日にかけて。逆光なのはあの場所にトイレがあり、人がくると電気がつくようになっているせい。あそこに行けば逆光で撮れることは分かっていた。二人はもっと直接的な触れ合いもしていたが、撮影するのは遠慮した」

 作品の原題は「瘋愛」。瘋の意味は「狂った」だ。「精神を病んだ人たち同士の人間的な愛をタイトルで表現したかった」そうだが、“鉄格子越しの愛”は、象徴的なシーンだろう。

 社会から見放されてもなお、愛を求めてやまない人々。「収容病棟」は、そんな人々の日常をありのままに切り取った渾身のドキュメンタリーだ。前・後編合わせて4時間の長尺。しかし、濃密な映像からは一瞬たりとも目を離すことができない。ワン・ビン監督の面目躍如である。

(文・写真 沢宮亘理)

「収容病棟」(2013年、香港・仏・日本)

監督:王兵(ワン・ビン)

2014年6月28日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://moviola.jp/shuuyou/

作品写真:(c)Wang Bing and Y. Production

posted by 映画の森 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック