2014年02月21日

「最後の晩餐」 中韓合作で過去最高ヒット エディ・ポン&バイ・バイホー、約束と再会の恋

最後の晩餐.jpg

 中韓合作映画として過去最高のヒットを記録した映画「最後の晩餐」。台湾の人気若手俳優エディ・ポン(彭于晏)、中国の新進実力派女優バイ・バイホー(白百何)が主演。韓国映画「ラスト・プレゼント」(01)のオ・ギファン監督がメガホンを取った。中国を舞台にした甘く切ないラブストーリーだ。

 北京の高校。料理上手のリー・シン(エディ・ポン)は、思いを寄せる同級生・チャオチャオ(バイ・バイホー)のため、毎日弁当を手作りしていた。シェフを目指すリー・シンと、食器デザイナーを目指すチャオチャオ。やがて二人は付き合い始め、リー・シンがプロポーズ。しかし、チャオチャオは予想だにしない提案をする。

最後の晩餐2.jpg

 「お互いに夢をかなえていない今、一緒になるのはいや。5年後に再会し、まだ独身同士なら結婚しましょう」。呆然とするリー・シンだったが、やむなく一方的な申し出を受け入れる。チャオチャオはリー・シンを残し、一人上海へ旅立った。

 5年後。チャオチャオは上海で食器デザイナーとして独立し、北京で個展を開くまでになっていた。リー・シンも夢を実現。イケメン料理人として高級レストランで腕をふるっている。メディアにも引っ張りだこだ。5年前の「約束」を忘れていないチャオチャオに、リー・シンから電話が入った。

最後の晩餐3.jpg

 2度めのプロポーズを期待するチャオチャオだったが、リー・シンの言葉は残酷だった。「婚約者と近く式を挙げるんだ」。混乱したままリー・シンに再会したチャオチャオ。初めて会う美しい婚約者に心が張り裂けそう。一方のリー・シンには、口に出さない秘密があった──。

 リー・シン役のエディ・ポンは、台湾青春映画「ジャンプ!アシン」(11)、香港アクション映画「激戦」(13)と演技の幅を広げている。チャオチャオ役のバイ・バイホーは11年、中国で爆発的にヒットした恋愛映画「失恋33天 Love is not blind」で人気急上昇。中華圏の旬な若手二人を、オ・ギファン監督が繊細な演出で生かしている。

 別離契約、5年後の再会、心尽くしの料理、夢と恋愛と結婚。レトロな雰囲気を残す北京と、急速に発展する上海。中国の変化を象徴するさまざまな要素と、韓国メロドラマの王道的展開が自然に融合した。しみじみとした余韻、監督の優しい視線が味わい深い。

(文・遠海安)

「最後の晩餐」(2013年、中・韓)

監督:オ・ギファン
出演:バイ・バイホー(白百河)、エディ・ポン(彭于晏)、ペース・ウー(呉佩慈)、ジアン・ジンフー
(蒋勁夫)

2014年3月1日(土)、シネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://bansan-movie.com/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック