2013年10月23日

「マラヴィータ」 ロバート・デ・ニーロ来日 スコセッシ製作・ベッソン監督 「脚本がよく素晴らしい作品に」

ロバート・デ・ニーロ2.jpg

 第26回東京国際映画祭の特別招待作品「マラヴィータ」主演のロバート・デ・ニーロが10月22日、東京・六本木で開かれたジャパンプレミアイベントに参加した。来日は2007年以来6年ぶり。「脚本がよく素晴らしい作品になった」と語った。

 会場の六本木ヒルズアリーナには観客約700人が詰めかけた。デ・ニーロはグレイス夫人と車で登場。大歓声に手を振って応え、サインや握手などファンの求めに応じていた。

ロバート・デ・ニーロ.jpg

 マーチン・スコセッシ製作総指揮、リュック・ベッソン監督・脚本の同作。フランスの片田舎を舞台に、元マフィアの家族が刺客と対決するアクションだ。デ・ニーロは「(スコセッシとの仕事は)いつも楽しい。何も言わなくても、見ていれば彼の言いたいことは分かる」と語った。トミー・リー・ジョーンズとは今回が初共演。「ベテラン同士で気楽にできた。脚本がしっかりしており、素晴らしい作品ができた」と話した。

ロバート・デ・ニーロ3.jpg

 また、グレイス夫人も夫の仕事ぶりについてコメント。「働きすぎなのでもう少し私との時間を取ってほしい。だから一緒についてきました」と語り、仲むつまじい様子を見せた。

 最後にデ・ニーロは会場を見渡し「こんなに若い人たちが来てくれてうれしい。日本のファンの人たちはとてもお行儀がいいですね」と笑顔を見せていた。

(文・遠海安)

マラヴィータ.jpg

「マラヴィータ」(2013年、米・仏)

監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、ディアナ・アグロン

2013年11月15日、TOHOシネマズ有楽座ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.malavita.jp/

作品写真:(c)EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION – GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde

posted by 映画の森 at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック