2013年10月07日

最新インド映画を一挙上映 「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」、11日開幕 ジャンル幅広く 

フェラーリの運ぶ夢.jpg 愛するがゆえに.jpg セルロイド.jpg

 最新のインド映画を紹介する「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」が10月11日、東京・オーディトリウム渋谷をメーン会場に開幕する。昨年から今年に公開された17作品を一挙上映。インド映画ファンのみならず、幅広い観客の心をつかむラインナップだ。

 日本でも大ヒットした「きっと、うまくいく」のシャルマン・ジョーシー主演「フェラーリの運ぶ夢」。公務員の父と息子、祖父が家族の夢に挑戦する物語。落ちぶれた歌手が女性スターを育てる「愛するがゆえに」。90年代ヒット作のリメイクで、再び大きな反響を呼んだ悲恋のストーリー。

 インド映画100周年記念で作られた映画も紹介される。テント小屋の巡業映画館を営む女性の奮闘記「移動映画館」は、映画への情熱と愛情あふれる作品。インド南西部で話されるマラヤラム語映画の誕生秘話「セルロイド」は、言語別に発展したインド映画の源流が垣間見られる。さらに大金を賭けたゲームに挑む夫婦のサスペンス「テーブル21番」にも注目だ。

 「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」は2013年10月11〜18日にオーディトリウム渋谷(東京)、12〜14日にSKIPシティ(埼玉)19〜25日にシネ・ヌーヴォ(大阪)で開催。作品の詳細、上映スケジュールは公式サイトまで。

http://www.indianfilmfestivaljapan.com/

(文・遠海安)

posted by 映画の森 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック