2013年07月31日

第26回東京国際映画祭 トム・ハンクス「キャプテン・フィリップス」で開幕へ 「アジアの未来」部門新設 新鋭発掘、海外発信目指す

0730_press.jpg

 第26回東京国際映画祭(10月17日〜25日)の第1回記者会見が7月30日、東京・六本木で開かれた。今年は「作品重視の映画祭」を前面に押し出し、海外への情報発信、若いファンの創出などを目指す。

 オープニング作品はトム・ハンクス主演の「キャプテン・フィリップス」、クロージング作品は三谷幸喜監督の「清須会議」。映画祭を国内外にPRする「フェスティバル・ミューズ」に女優の栗山千明が選ばれた。ハンクスは映画祭に合わせ、4年ぶりに来日する。

 今年は新部門「アジアの未来」を創設。これまでの「アジアの風」部門を発展させ、長編2本目までの新鋭監督を対象にしたコンペティション部門となる。新たな才能をいち早く発掘し、監督や俳優を呼んで世界に情報発信する狙いだ。

 さらに、昨年までの「日本映画・ある視点」」部門を「日本映画スプラッシュ」にリニューアル。独立系映画からひときわ個性的、独創的な作品を選出。海外に向けて紹介する。

 また、「ワールドシネマ」部門も「ワールド・フォーカス」部門に衣替え。世界各地の映画祭で高評価を得た作品、日本では紹介されていない新作、注目作を集める。これまで「アジアの風」部門で上映されていたアジアのベテラン監督の作品も紹介する。

 会見であいさつした映画祭ディレクター・ジェネラルの椎名保氏は「日本で未公開の海外作品を紹介しつつ、日本のコンテンツを世界に発信する。日本を代表するアニメーション作品を集め、将来的には一部門として独立できれば」と語った。

 映画祭の詳細は公式サイト(http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/)まで。

(文・遠海安)

写真:(c)2013 TIFF
posted by 映画の森 at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック