2012年02月15日

「メランコリア」 ラース・フォン・トリアーが描く 世界最期の瞬間

メランコリア.jpg

 ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」がオープニングに流れる。画面にはキルスティン・ダンストの顔のアップ。背後を何羽もの鳥たちが落下していく。野原でくずおれる馬、焼け落ちるブリューゲルの名画、逃げ惑う母と子、地球に接近する惑星……。終末をイメージさせる画像が次々とモンタージュされていく。これから起こる悲劇を予言するような、黙示録的プロローグである。

 ラース・フォン・トリアー監督の新作「メランコリア」は、地球が惑星の衝突を受け、消滅するまでの最後の日々を、クレアとジャスティンという姉妹の姿を通して描いた作品だ。

メランコリア2.jpg

 姉のクレア(シャルロット・ゲンズブール)は、実業家であるジョン(キーファー・サザーランド)と冷え切った夫婦生活を送っている。一人息子を生きがいとする地味な女性だ。一方、妹のジャスティン(キルスティン・ダンスト)は、広告業界の一線で活躍するコピーライター。クレアとは逆に派手な感じの女性である。

 映画の第1章「ジャスティン」は、ジャスティンが結婚披露宴の主賓として、姉夫婦の大邸宅に到着する場面から始まる。細く曲がりくねった野道をのろのろと進んでくるリムジン。2時間もの遅刻に、出迎えたクレアとジョンは不快感を隠さない。しかし、ジャスティンは少しも悪びれることなく、高いテンションのまま広間に姿を現す。

 新郎のマイケル(アレクサンダー・スカースガード)は資産家のようだが、どちらかというと凡庸な男。どう見てもジャスティンとは波長が合うとは思えず、前途多難を予感させる。

メランコリア3.jpg

 パーティは、子供じみた悪ふざけを繰り返すジャスティンの父親(ジョン・ハート)と、結婚を呪うスピーチで場を凍りつかせる母親(シャーロット・ランプリング)にかき乱される。すると、ジャスティンも少しずつ奇矯な言動をとり始める。異常さはどんどんエスカレートし、マイケルの忍耐力の限界を打ち破り、臨席した上司のメンツを粉砕する。

 第1章ではジャスティンの常軌を逸した行動と、人間関係の破壊が徹底的に描かれる。手持ちカメラならではの臨場感ある映像が、異様な光景を鮮やかに表現している。

 茶番と化した宴の後は、空っぽの大邸宅に残されたクレア夫妻と息子、そしてジャスティンが、惑星の急接近という試練を受けることになる。タイトルの「メランコリア(憂鬱)」とは、惑星の名前である。第2章「クレア」では、メランコリアの接近におびえるクレアと、冷静に受け入れようとするジャスティンが、対照的に描き出される。

 迫りくる死の恐怖を前に、人間はいかなる行動をとるのか。本作はその思考実験と言えるだろう。披露宴というハレの場ではトラブルメーカーだったジャスティンが、絶望的な状況にあっては平静さを保ち、むしろ世界の破滅を心待ちにしているように見えるところに、トリアー監督の人間観がうかがえて興味深い。「世界はいつか終わる」という終末思想に魅かれているというトリアー監督。ジャスティンはトリアー監督自身の投影なのかもしれない。

(文・沢宮亘理)

「メランコリア」(2011年、デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ)

監督:ラース・フォン・トリアー
出演:キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、アレクサンダー・スカースガード、シャーロット・ランプリング、ジョン・ハート、ウド・キアー

2月17日、TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ みゆき座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://melancholia.jp/

作品写真:(c)2011 Zentropa Entertainments ApS27
posted by 映画の森 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メランコリア
Excerpt: ★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 ..
Weblog: 映画とライトノベルな日常自販機
Tracked: 2012-03-12 09:43

映画「メランコリア」パニック映画の新しい切り口、そして美しい映像
Excerpt: 「メランコリア」★★★☆ キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール 、 キーファー・サザーランド出演 ラース・フォン・トリアー監督、 135分、2012年2月17日公開 2011年,デンマ..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-03-15 07:54