2010年11月17日

「キム・ギドクとゆかいな仲間たち 韓国映画傑作選」 11月20日から「悪い男」「うつせみ」「サマリア」ほか代表作一挙紹介

ポン・ジュノ監督「グエムル 漢江の怪物」 パク・チャヌク監督“復讐三部作”も

キム・ギドク監督.jpg

 韓国実力派監督の傑作を集めた特集「キム・ギドクとゆかいな仲間たち 韓国映画傑作選」が11月20日、東京・渋谷のシネマヴェーラでスタートする。現代韓国映画界をリードするキム・ギドク=写真1、パク・チャヌク、ポン・ジュノ監督の代表作のほか、キム・ギヨン監督の名作「下女」を特別上映。12月10日までに計19作品を上映する。

絶対の愛.jpg ブレス(c)2007 KIM Ki-duk Film. All rights reserved..jpg

 キム・ギドク監督作品は、初期の「鰐(ワニ)」(96)、「ワイルド・アニマル」(97)、倫理観をめぐり物議をかもした「悪い男」(02)、チャン・ドンゴン主演の「コースト・ガード」(同)、ベルリン国際映画祭銀熊賞の「サマリア」(04)、ベネチア国際映画祭銀獅子賞の「うつせみ」(同)、整形手術をめぐる悲喜劇「絶対の愛」(06)=写真2、死刑囚と人妻の恋を描いた「ブレス」(07)=写真3など12作品を上映。鋭い切り口と独自の映像美で、韓国映画界の“異端児”と称されるキム・ギドク監督。作品の大半をまとめて見られる絶好の機会だ。

 パク・チャヌク監督作品は、カンヌ国際映画祭グランプリの「オールド・ボーイ」(03)など“復讐三部作”を含む4作品を一挙紹介。ポン・ジュノ監督作品は、「殺人の追憶」(03)と「グエムル 漢江の怪物」(06)の2作品を上映する。キム・ギヨン監督の「下女」は昨年、イム・サンス監督、チョン・ドヨン主演でリメイクされた話題作だ。

 上映作品は次の通り。

「キム・ギドクとゆかいな仲間たち 韓国映画傑作選」

キム・ギドク監督作品
「鰐(ワニ)」(96)
「ワイルド・アニマル」(97)
「リアル・フィクション」(00)
「受取人不明」(01)
「悪い男」(02)
「コースト・ガード」(02)
「春夏秋冬そして春」(03)
「サマリア」(04)
「うつせみ」(04)
「弓」(05)
「絶対の愛」(06)
「ブレス」(07)

パク・チャヌク監督作品
「復讐者に憐れみを」(02)
「オールド・ボーイ」(03)
「親切なクムジャさん」(03)
「渇き」(09)

ポン・ジュノ監督作品
「殺人の追憶」(03)
「グエムル 漢江の怪物」(06)

キム・ギヨン監督作品
「下女」(60)

11月20日〜12月10日、東京・渋谷のシネマヴェーラで開催。上映スケジュールなど詳細は映画館サイトまで。

http://www.cinemavera.com/index.html

(文・遠海安)
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック