2010年03月15日

観客賞に台湾映画「聴説」 大阪アジアン映画祭2010閉幕

聴説_250.jpg

 アジアの新作、注目作を紹介する「大阪アジアン映画祭2010」は14日、観客の投票で選ぶ「観客賞」に台湾映画「聴説」=写真=を選んで閉幕した。

 今回が日本初上映となった「聴説」は、昨年台湾で最大のヒットとなった青春恋愛映画。彭于晏(エディ・ポン)演じる弁当屋の青年と、陳意涵(アイビー・チェン)演じる聴覚障害の水泳選手の“静かな”恋を描く。受賞を受け、鄭芬芬(チェン・フェンフェン)監督は「思いもかけなかったこと。日本の皆さん、気に入ってくれてありがとうございます」と感謝を述べ、プロデューサーのペギー・チャオは「台湾でも人気があったので、日本でも受け入れられてうれしい」と語った。
 
大阪アジアン映画祭2010公式サイト
http://www.oaff.jp/

関連記事:「台湾シネマコレクション2008」 彭于晏(エディ・ポン)に聞く(2008.08.29)
http://eiganomori.net/article/143730187.html
posted by 映画の森 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック