2009年02月26日

「花の生涯 梅蘭芳」 チャン・ツィイー×レオン・ライら舞台挨拶

チェン・カイコー監督最新作 中国京劇界・伝説の女形 愛と波乱の生涯

「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶1_300.jpg

 中国京劇界の伝説の女形・梅蘭芳(メイ・ランファン)の波乱の人生を描く「花の生涯 梅蘭芳」(3月7日公開)出演の黎明(レオン・ライ)、章子怡(チャン・ツィイー)、安藤政信が2月25日、東京・新宿で舞台挨拶した。レオン・ライは「素晴らしいスタッフとともに、この映画を作ることができてうれしい」、チャン・ツィイーは「京劇の所作を一生懸命練習した。気に入ってもらえれば」と語った。

「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶2_300.jpg

 陳凱歌(チェン・カイコー)監督が代表作「さらば、わが愛 覇王別姫」(93)に続き、再び京劇をテーマにした歴史大作。20世紀を代表する名女形・梅蘭芳をレオン・ライ、梅が思いを寄せる男形女優・孟小冬(モン・シァオトン)をチャン・ツィイー、日本占領下の中国に駐留する軍将校を安藤が演じている。

「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶3_200.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶4_200.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶5_200.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶6_200.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶7_300.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶8_200.jpg「花の生涯 梅蘭芳」舞台挨拶9_300.jpg

 天賦の才ゆえ、政治的謀略や嫉妬にもさらされた梅。苦悩する青年期以降の梅を熱演したレオン・ライは「私は北京で生まれて香港へ移住し、英国に留学した。中国にいた時は知らなかったことを、留学時代に学ぶことができた。中国文化の粋である京劇、映画産業の変化などだ」と自らの経験を振り返り、「人間は日々努力し、成長するものだと思う。私も今回の出演を通じ、多くのことを学んだ。素晴らしいスタッフとともに、この映画を作ることができてうれしい」と語った。

 一方、実在の名優・孟を演じ、梅との舞台シーンでも見事な立ち居ふるまいを見せたチャン・ツィイー。「衣装、ひげ、靴を身につけ、歩き方など、男形の所作を先生について2カ月間、一生懸命練習した。(舞台の場面は)作品では2分ほどだが、気に入ってもらえるとうれしい」と説明。秘めた恋を貫いた梅と孟の関係について「本当に純潔で熱烈な感情。感動的だと思う」と話した。

 梅の高い芸術性を認識しつつ、日本の占領政策との狭間で揺れる軍少佐・田中を演じた安藤は、海外作品初出演。セリフの大半が中国語の難役だ。「ずっと作品を見てきた陳監督の映画に、自分が出ることになるとは思わなかった。自らを成長させ、日本と中国の歴史など、さまざまなことを学べるいい機会。ぜひやりたいと思った」と振り返り、「中国語には苦労したが、自分でも『努力した』と言えると思う」と胸を張った。

 安藤の言葉を受け、レオン・ライは「私も以前撮影で韓国へ行った時、同じことを経験した。周りの人の言葉が聞き取れず、意思疎通は身ぶり手ぶり。安藤さんの映画の外でも、中でも芸術を守ろうとする姿に感服した」と賞賛。さらに、チャン・ツィイーは「私も鈴木清順監督の作品(「オペレッタ狸御殿」、05)に出演した時、2、3カ月日本に滞在した。俳優が母国語以外の言葉を学び、さらに演技することがどれだけ大変か理解できる。安藤さんの演技は素晴らしかった。今後も中国語を続けてもらい、いつかまた映画で共演できれば」と話した。

 また今月、同作品がコンペティション部門に出品されたベルリン国際映画祭にそろって参加した3人。レオン・ライは出世作「ラブソング」(96)、チャン・ツィイーはデビュー作「初恋がきた道」(99)の出品以来、久しぶりのベルリン行き。チャン・ツィイーは「とても寒かったけれど、私にとって特別な訪問となった」と感慨深げだった。

(文・遠海安 写真・塩田涼)

×××××

「花の生涯 梅蘭芳」(2008年、中国)

監督:陳凱歌(チェン・カイコー)
出演:黎明(レオン・ライ)、章子怡(チャン・ツィイー)、孫紅雷(スン・ホンレイ)、陳紅(チェン・ホン)、王学圻(ワン・シュエチー)、英達(イン・ター)、余少群(ユィ・シャオチュン)、安藤政信
配給:アスミック・エース、角川エンタテインメント

3月7日、新宿ピカデリーで先行独占公開、ほか全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.meilanfang.jp/

写真:舞台挨拶でリラックスした表情を見せる「花の生涯 梅蘭芳」出演の(左から)レオン・ライ、チャン・ツィイー、安藤政信
=東京・新宿で2月25日
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック