2020年05月24日

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、9月以降にオンライン開催

ゆうばりフォト2019年.jpg

 北海道夕張市で行われるゆうばり国際ファンタスティック映画祭の事務局は22日、今年の映画祭を9月以降にオンライン形式で開催すると発表した。日程は改めて調整するとしている。新型コロナウイルス感染症拡大の懸念が残るため、観客を集めた上映を断念した。

 実行委員会は「全国・海外から約1万人が来場する。来場者や運営スタッフ、市民ボランティア、学生ボランティア、そして映画関係者に感染するリスクを避け、健康と安全を最優先に考慮した」としている。

 コンペティション部門もオンライン上映とし、応募者には上映方式や審査上映について6月末ごろに案内する予定。

 ゆうばり映画祭は1990年に始まって以来「雪の中の映画祭」として親しまれてきたが、スキー客誘致との兼ね合いから近年は上映会場や宿泊施設の確保が困難になっていた。昨年3月の映画祭で、30回目を迎える2020年から夏季開催に変更することを発表。当初は8月28日から行うとしていたが、準備時間を考慮し、さらに遅らせる。

(文・芳賀恵)

写真:2019年映画祭のフォトセッション(C)ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019
posted by 映画の森 at 17:16 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする