2020年04月08日

「アドリフト 41日間の漂流」ヨットで遭難、生還まで 壮絶実話の映画化

1.jpg

 1983年、婚約したてのタミー(シャイリーン・ウッドリー)とリチャード(サム・クラフリン)は、世界旅行の資金を稼ぐため、ヨットでタヒチからサンディエゴへ向かった。出発から2週間後、ハリケーンに遭遇。巨大津波に飲み込まれてしまう。船室のタミーは目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線もつながらない。リチャードは大けがを負い、波に漂っていた。リチャードを助け出したタミーは、セーリングの知識を総動員して陸を目指す──。

 タミー・オールダム・アッシュクラフトが1983年、ハリケーンにより難破、漂流、生還するまでの41日間を記録した原作をベースに、アーロン&ジョーダン・カンデルが脚本化した。監督、製作は実際の集団遭難を映画化した「エベレスト3D」(15)のバルタザール・コルマウクル。

2.jpg

 実際の海難事故を描いた映画は世界に数多くある。最近では1991年に米国でハリケーンにのまれた漁船を描いた「パーフェクトストーム」(00)があるが、生存者がいないため、出航後のエピソードは創作だった。一方、「アドリフト 41日間の漂流」は生還したタミーが書いた経験談がベース。生きて帰ることがあらかじめ分かっている。

 そこで作品は、実話を逆手に取った構成となっている。二人の出会い、恋愛に発展する過程、リチャードがヨットを運ぶ仕事を引き受け、出航からハリケーンに遭うまでの過去に、難破して漂流する現在が交差して展開する。

3.jpg

 実話である制限がある中、平面的になりがちなドラマを時間軸を巧みに操って立体的に描く。漂流者や遭難者が見るという“ある現象”を大胆に取り入れ、ハリケーンの恐怖をダイナミックに再現。漂流する人物の心理を丁寧に描写した。テレビの実話再現番組のように陳腐ではなく、映画ならではの骨太な人間ドラマに仕上がった。

 遭難する現在のパートは、ウッドリーとクラフリンの二人芝居だ。タミーの船上でのサバイバル生活。漂流したリチャードは助けられるが、けがで寝たきりとなり、ほとんど動けない。大海原で絶望しつつ、二人は互いを頼って生きようとする。

 製作も務めたタミー役のウッドリーがいい。主演したSFアクション「ダイバージェント」シリーズのヒロインから一転、ぎりぎりの精神状態の中、生還を信じてあきらめない姿を好演した。空腹のリチャードのために海に潜り、もり一本で魚を仕留めるアクションも披露。柔軟な演技に共感し、自然と物語に引き込まれる。再現ドラマの域を超え、ひねりの利いた壮絶な実話映画に仕上がった

(文・藤枝正稔)

「アドリフト 41日間の漂流」(2018年、英・米)

監督:バルタザール・コルマウクル
出演:シャイリーン・ウッドリー、サム・クラフリン

2020年公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://adrift-movie.jp/

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 15:26 | Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする