2020年02月26日

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」ベトナム戦争の狂気 コッポラ不朽の名作、デジタル修復で再登場

1.jpg

 1960年代、ベトナム戦争が激化する中、米陸軍のウィラード大尉(マーティン・シーン)に特殊任務が命じられる。軍規にそむき、カンボジア奥地のジャングルで王国を築くカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺指令だった。ウィラードは4人の部下と哨戒艇でヌン川をさかのぼる──。

 フランシス・フォード・コッポラ監督のカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)受賞作「地獄の黙示録」(79)が製作40周年を記念し、監督自身の手で再編集、デジタル修復された。

 「地獄の黙示録」は現在、大きく分けて2つのバージョンが存在する。オリジナルである79年の劇場公開版、上映時間は153分。オリジナルには2つのバージョンがあり、一部の劇場で先行上映された70ミリ版はエンドロールがない。通常上映された35ミリ版は、ラストに村の爆破シーンとエンドロールがある。

3.jpg

 さらに、2001年に公開された「地獄の黙示録 特別完全版」は、上映時間が最長の202分。劇場公開版より30分長く、ウィラードたちがヌン川をさかのぼる途中でフランス人入植者たちに出会うエピソードなどが追加された。35ミリ劇場公開版同様、村の爆破とエンドロールがある。今回IMAX上映される「地獄の黙示録 ファイナル・カット版」は、「特別完全版」より20分短く、デジタル修復されている。

 「地獄の黙示録」が描くのは戦争の狂気だ。カーツ大佐暗殺の任務を負ったウィランドたちが、川をさかのぼる途中で見たのは、戦争で狂った米兵たちだった。サーフィンをするため村ごと焼き払うギルゴア中佐(ロバート・デュバル)。慰問に訪れたプレイメイトに熱狂する兵士。ドラッグに溺れ正気を失っていく乗務員。それまで米映画が描いた英雄とは正反対の米軍兵士が登場する。

 ヘリコプターがベトナムの村を襲撃する戦闘シーンに始まり、中盤から後半にかけて登場人物の狂気は加速する。カーツ大佐のいる秘境は、さまざまな人種と死体の放つ死臭漂うカオスな場所だ。

2.jpg

 王国に君臨するマーロン・ブランドは、スキンヘッドの異様な出で立ち。登場シーンは影や逆光を多用した映像で、怪物と化したカーツ大佐を象徴する。CG(コンピューター・グラフィクス)のない時代、物量作戦でベトナム戦争を再現したコッポラの破壊力もさることながら、米アカデミー賞を受賞した撮影監督、ヴィットリオ・ストラーロの映像美を再確認できる。

 ドアーズの「ジ・エンド」、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」など、既存の音楽の使いた方が非常にうまく、作品と切っても切れない印象を残した。40年を超えて復活した「ファイナル・カット版」は、IMAXの迫力映像と音響により、改めて作品世界にどっぷりひたれるだろう。

(文・藤枝正稔)

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」(2019年、米国)

監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:マーロン・ブランド、マーティン・シーン、ロバート・デュバル、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパー

2020年2月28日(金)、IMAX全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://cinemakadokawa.jp/anfc/

作品写真:(C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.
posted by 映画の森 at 23:49 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ来日「世界は同じ苦痛を抱えている」

IMG_4121.jpg

 米アカデミー賞で外国映画として史上初の作品賞を含む最多4部門を制した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督、主演のソン・ガンホが2020年2月23日、東京・千代田区の日本記者クラブで記者会見した。格差社会を巧みな演出で描いたポン監督は「世界のさまざまな国が同じ苦痛を抱えている。社会の二極化の事実を暴くより、未来に対する恐れを描きたかった」と語った。

 日本でも公開中の「パラサイト 半地下の家族」は、2月22日までに興行収入30億円(動員約220万人)を突破。韓国映画として「私の頭の中の消しゴム」を超え、歴代興行収入1位を記録した。ポン監督は「劇場で熱く反応してくれた日本の観客に感謝したい」と語った。

IMG_3627.jpg IMG_3739.jpg


ソン「監督の『ねっとりしたところ』が好き」
 さらに、ソンは開口一番、日本語で「ソン・ガンホです」とあいさつ。日韓の映画交流が盛んだった2000年代初頭を振り返り「残念なことにその後は減ってしまった。『パラサイト』を機に韓国の素晴らしい監督の作品、日本の優れた芸術家の活動が関心を呼び、互いの文化に共感が持てればいいと思う」と話した。

 二人は「殺人の追憶」(03)、「グエムル 漢江の怪物」(06)、「スノーピアサー」(13)を経て4作目のタッグ。ソンはポン監督の魅力を「ねっとりしたところ」と表現。カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)受賞ではうれしさのあまりポン監督の胸を強く叩き、骨にひびが入ってしまったという。監督との仕事は「祝福であり苦痛。監督が芸術家として持つ野心を、私が俳優として達成するための苦痛。現場では監督とあまり話さず、何を撮ろうとしているか探るのが好きだ。俳優としては難しく、楽しく、興味深い行為で、あえて尋ねずに見つけようと心がけている」と明かした。

 一方、ポン監督は、ソンについて「演技が本当に素晴らしい」と絶賛。脚本をあて書きする時は「うきうき草原をはねる子馬のような気分になる」と高い信頼を寄せている様子を見せた。

IMG_3800 (1).jpg

ポン監督「匂いを語ることで、一線を越える状況描いた」
 また、作品の重要なポイントとなる「匂い」について、ポン監督は「匂いは礼儀に関することなので、たとえ感じても口に出せない。生きる環境、生活条件、置かれた状況を表すもの。映画では意図せず匂いについて聞いてしまうことで、人間の礼儀に対して一線を越えてしまう状況を描いた」と語った。

 これに対し、視覚の上には表れない匂いを繊細な演技で表現したソンは「目に見えない線や匂いは、映像で見せにくい。演技する時は、漠然と観念的な方法ではなく、ドラマの構造の中に入り込み、心理的に理解するよう心がけている」と話した。

 全米俳優組合(SAG) 賞の作品賞にあたるキャスト賞受賞について、ソンは「俳優のアンサンブルに与えられる賞。題名は『パラサイト』だが、私たちのこの社会をどう生きるか、寄生ではなく共生を描いている。(演技のアンサンブルを評価する)賞が獲れて、意図がきちんと伝わったと考えている」と述べた。

IMG_3742.jpg

ポン監督「ウイルスより過度な反応、国家的・人種的な偏見が恐ろしい
 新型コロナウイルスが拡大する現状について、ポン監督は「浦沢直樹さんの『20世紀少年』を思い出す。人間心理が作る不安や恐怖が大きく、巻き込まれると災害を克服するのが難しくなる。過度な反応や国家的・人種的な偏見で、より恐ろしいことが起きる。我々は問題を乗り越えられると希望的に考えている」と前向きに語った。

IMG_3864.jpg IMG_3886.jpg

 作品を通じて伝えたかったことについて、ポン監督は「世界のさまざまな国は同じ状況、苦痛を抱えている。二極化と呼ばれるその事実を暴くより、未来に対する恐れを描きたかった。未来の私たちは二極化を克服しうるのか。たやすいことではない。私は悲観主義者ではないが、今後どうすべきなのか。私の不安や恐れは、この時代を生きるすべての人が抱えているのではないか。メッセージやテーマを真顔で伝えるのが得意ではない。冗談交じりで伝えるのが好きだ。声高に主張するより、映画的な美しさの中、映画的方法で、俳優の豊かな表現とともに、映画的な活気をもって伝えたかった」

ポン監督「クラシックを作りたい。『七人の侍』のような」
 最後に今後の目標についてポン監督。「恥ずかしいが……クラシックを作りたい。作品が時間を超えてほしい。ほぼ妄想のようなものだ。キム・ギヨン監督の『下女』や黒澤明監督の『七人の侍』、ヒッチコック監督の『めまい』のように」と話した。

IMG_4024.jpg IMG_4059.jpg

 また、翌24日に東京・六本木で開かれた舞台あいさつには、二人の20年来のファンという草なぎ剛が登場。カンヌ最高賞、米アカデミー賞など世界で評価されたことを祝福した。

(文・遠海安 写真・岩渕弘美)

「パラサイト 半地下の家族」(2019年、韓国)

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

全国公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.parasite-mv.jp/

作品写真:(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
posted by 映画の森 at 00:47 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする