2020年01月17日

「私の知らないわたしの素顔」SNS上のバーチャル恋愛、なりすましが招く悲劇

1.jpg

 パリの高層マンションに暮らす50代の大学教授・クレール(ジュリエット・ビノシュ)は、年下の恋人に捨てられたことをきっかけに、SNSの世界に足を踏み入れる。Facebookで“24歳のクララ”になりすまし、アレックス(フランソワ・シビル)とつながったが、アレックスとクララが恋に落ちて事態は思わぬ方向へ──。

 2016年に出版されたカミーユ・ロランスの小説を原作に、サフィ・ネブー監督がビノシュを主演に想定して脚本を書いた。女優で映画監督のニコール・ガルシアが精神分析医役で出演している。

 他人になりすました詐欺行為は、日本でも主に高齢者をターゲットに急増している。「私の知らないわたしの素顔」は女性が年下の男性をだますもので、場所は変われど現代的なテーマといえよう。

 離婚経験者のクレールは、息子2人が週末に夫のもとへ行く際、年下の恋人と愛欲生活を楽しんでいた。しかし、恋人に簡単に捨てられ、彼の近況を知りたくてSNSに入り込む。アレックスは恋人の仕事上のパートナーだった。クレールは若く美しい他人の写真をプロフィールに使い、「クララ」の名前で登録。アレックスに友達として承認される。

 アレックスとチャットするうち、クレールの内に恋愛感情が芽生える。アレックスも「クララ」を気に入り、互いにバーチャル恋愛にはまっていく。しかし、アレックスはチャットだけで物足りなくなり「声を聞きたい」「会いたい」と要求がエスカレートする。SNSの匿名性を利用していたはずのクレールだったが、厳しい現実を突きつけられる。

 SNS全盛時代、誰にも起こりうるバーチャル恋愛をスリリングに描いている。芸達者のビノシュが演じたクレールは、容姿に自信がない50代のバツイチ女性。冒頭は枯れて色つやがない眼鏡おばさんだが、バーチャル恋愛を楽しむことで、どんどん魅力的に変貌していく。しかし、アレックスの脳に刷り込まれた「クララ像」は覆せず、物語は悲劇に向かう。

 ポイントになるのは、クレールの話を聞く精神分析医・ボーマン(ニコール・ガルシア)の存在だ。恋愛にはまって暴走するクレールを客観視し、作品を引き締めている。SNSの魔力にとわれた女性の心理、行動に鋭く切り込む1本だ。

(文・藤枝正稔)

「私の知らないわたしの素顔」(2019年、仏)

監督:サフィ・ネブー
出演:ジュリエット・ビノシュ、二コール・ガルシア、フランソワ・シビル、ギョーム・グイ

2020年1月17日(金)、Bunkamura ル・シネマほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://watashinosugao.com/

作品写真:(C)2018 DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES
posted by 映画の森 at 15:14 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする