2020年01月12日

「パラサイト 半地下の家族」滑稽で残酷でほろ苦い 離れがたきこの世界

1.jpg

 カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を獲ったポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」は、格差社会を糾弾する作品ではない。貧富の構図は、物語の入り口に過ぎない。

 半地下の家に住む貧乏な家族が、金持ち家族の豪邸に入り込み、「寄生」する悲喜劇だ。貧乏と金持ち、それぞれの家族の住居、家具や持ち物、服装や職業はリアルに考えられ、日常生活が詳細に映し出される。しかし、監督はどちらが幸せとも、不幸せとも断定しない。どちらがいいとも、悪いとも言わない。ポン・ジュノの映画はいつも饒舌だが、メッセージを発しない。

2.jpg

 そんな中で、あえて意味を持たされた存在が二つあった。一つは匂いだ。貧乏家族の父親(ソン・ガンホ)が、爆発するきっかけになるのが、体にしみついた匂いだった。人は自分の匂い(具体的にも抽象的にも)に気づかない。ぬぐえない。だからこそ、他人に指摘されると癇に障る。知らぬうちに忌むべき「貧しさ」を拡散していたことを、父親は他人に指摘され、傷つき、爆発する。

 もう一つは、貧乏家族の元に到来した大きな石。息子は最後まで「なぜ離れられないのか分からない」と言いながら、石を持ち歩き、最後の決定的なエピソードが起きる。来日インタビューで石の意味を問われたソン・ガンホは、「私にも分からない」と答えていた。なぜなら、石は人なら誰しも抱えている「生きにくさ」の元凶──自分ではどうにもならない、内側に抱える業のようなもの──だからだ。人間の数だけ石があるから、何を象徴するかは言えない。ソン・ガンホはそれを理解していただろう。

3.jpg

 ポン・ジュノの「語り」の力は圧倒的で、ディテールと構図に目を奪われ、ユーモアとリアリティーに感情をゆさぶられ、ぐいぐい物語に引き込まれていく。見終わった後、監督が何かを「訴えた」のではなく、この世界──ある時は容赦なく、逃げ出したく、ある時は心地よく、離れがたい──私たちが暮らす世界を、そのままざっくりすくい取っていたことに気づく。そこに暮らす貧乏な家族も、裕福な家族も、時に滑稽で、時に温かく、幸せにも、不幸せにも見える。自分と同じ人間なのだ。

 メッセージを発しないポン・ジュノが、この寄る辺なき世界を楽しく、ほろ苦く、残酷に、豊かに見せてくれて、心から満たされた。

(文・遠海安)

「パラサイト 半地下の家族」(2019年、韓国)

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム

2019年12月27日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.parasite-mv.jp/

作品写真:(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
posted by 映画の森 at 23:16 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする