2019年09月25日

ジュンス、ミュージカル俳優として存在感「いつか日本のキャストと、日本語で舞台に立ちたい」

ジュンス1.jpg

 高い歌唱力と圧倒的なパフォーマンスで人気の韓国の歌手、ジュンスがこのほど、千葉・幕張でファンミーティング「2019 XIA FANMEETING HOME PARTY NIGHT」を開催した。最近はミュージカル俳優としても活躍し、人気グループ「JYJ」のメンバーとして忙しく走り続けている。日本のファンに「愛されているから続けることができた。うれしく、感謝している」と話した。

 昨年秋の兵役除隊後は「一人でゆっくり過ごす時間も大切に楽しんでいる」という。最近主演したミュージカル「エクスカリバー」ではアーサー王役にも挑戦。「セリフも歌も多く、アクションなど覚えることが多かった。主演のプレッシャーもあり、大変だったが頑張った」と振り返った。また、今後もミュージカルでは「新しい役に挑戦を続ける姿を見せたい」と意欲十分。「いつか日本で、日本のキャストと、日本語でミュージカルの舞台に立って、日本で賞を獲りたい」と夢を語った。

ジュンス3.jpg

 今回は「ホームパーティー」がテーマのファンミーティングということもあり、トークを中心にしっとりしたバラードや舞台「エクスカリバー」より「王になるということ」などのナンバーを情感たっぷりに歌い上げ、ミュージカル俳優としての実力を見せつけた。久しぶりにミュージカル・ナンバーを歌ったそうで「一小節だけで公演で歌った時の感情を思い出したり、世界観を感じられる。幸せな気分になれる」と話していた。

ジュンス2.jpg

 また、ジュンスのコンサートやイベントでおなじみの「ファンの願いごとを3つかなえるコーナー」では、リクエストに応えてミュージカル「モーツァルト」から「黄金星」をアカペラで熱唱。得意のダンスや、韓国の太鼓・チャンゴの演奏も披露するなど、多才ぶりを見せた。最後に「皆さんのおかげで幸せ。力ももらった。頂いた愛を次のステージでお返しできるよう頑張ります」と、ファンへの感謝で締めくくった。

(文・岩渕弘美)

写真:(c)JX Entertainment/宮澤正明写真事務所
posted by 映画の森 at 11:18 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする