2019年09月08日

「荒野の誓い」開拓時代の終わりと変わる西部 騎兵隊大尉の心情に重ね クリスチャン・ベール好演

1.jpg

 1892年、米西部。騎兵隊大尉ジョー(クリスチャン・ベール)はかつての宿敵でシャイアン族の長、イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、居留地へ送り返すよう命じられる。ニューメキシコからコロラド、モンタナへ。途中、コマンチ族に家族を殺されたロザリー(ロザムンド・パイク)も加わり、一行は北を目指す。ジョーとロザリーは危険に満ちた旅を通じ、互いに協力せずには生きてはいけないとを知る──。

 監督、脚本、製作は「クレイジー・ハート」(09)で長編デビューしたスコット・クーパー。ベールとは「ファーナス 訣別の朝」(13)に続くタッグで、4本目の長編だ。

 西部開拓時代が終わり、産業革命で新時代が始まった米国が舞台の西部劇。荒野で平和に暮らしていたクウェイド家を、コマンチ族が襲う。夫と子ども3人は殺され、ロザリーだけがかろうじて生き延びた。一方、騎兵隊はインディアンの家族を捕らえ、刑務所に強制連行していた。白人から見たインディアン、インディアンから見た騎兵隊の蛮行が、対比するように描かれる。

2.jpg

 騎兵隊のジョーはかつて、インディアンとの戦争で英雄になった。たび重なる戦いで仲間を失い、インディアンを嫌っている。しかし、上官から命じられたのは、皮肉にもがんに冒されたインディアンの長、イエロー・ホーク一家の護送だった。

 インディアンとの融和をアピールし、出世を目論む上官は、インディアンの言葉が話せるジョーに白羽の矢を立てたのだ。ジョーは任務を拒むが、上官は軍法会議をたてに受け入れない。ジョーは仕方なく引き受け、小隊を組織して馬に乗り、モンタナへ向かう。道中、焼け跡で放心状態だったメアリーを見かけ、安全な場所に連れて行くため同行させる。

 かつての敵を護送するジョーの心境の変化が物語の鍵になる。職業軍人として任務に取り組むが、コマンチ族や野盗に襲われ、騎兵隊5人だけでは手に負えない。護送するインディアンの手を借りずにいられなくなり、かつての敵であるイエロー・ホークの意志を尊重し、理解しようとする。さらに、家族を失い自暴自棄のロザリーと心を通わせるうち、ジョーの中に自尊心が芽生え始める。

3.jpg

 開拓時代が終わり、時代も移る転換期に、騎兵隊の心情も変わっていく。ジョーを演じるベールがいい。職業軍人として感情を殺し、ストイックに任務をこなす男が、行動をともにすることで、嫌っていたインディアンを認め、考えを変えていく。非常に複雑な感情のせめぎあいを、ベールが繊細かつ力強く演じている。ロザリーを演じるパイクも、傷心で破壊行動を見せる女性が、次第に人間らしく変わる難役を好演した。

 敵対する民族同士の理解は、現代に通じる普遍的なテーマだ。米国の負の歴史を、監督は骨太のメッセージとして観客に投げかけている。

(文・藤枝正稔)

「荒野の誓い」(2017年、米)

監督:スコット・クーパー
出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、アダム・ビーチ、ベン・フォスター、クオリアンカ・キルヒャー

2019年9月6日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kouyanochikai.com/

作品写真:(C)2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 14:43 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする