2019年08月28日

「アイネクライネナハトムジーク」完成披露 三浦春馬&多部未華子、4年ごとの共演「温かい気持ちで帰ってもらえる映画」

061.JPG 191.JPG

 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説が原作の恋愛群像映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会がこのほど、東京・六本木で開催され、主演の三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、原田泰造、今泉力哉監督らが参加した。

 三浦演じる会社員と多部演じる恋人の10年越しの恋を中心に、二人を取り巻く人々のめぐり合いの連鎖を描く物語。

 舞台挨拶では三浦に続き、多部、今泉監督らが大歓声に迎えられて登場。三浦が「秋にしっかり温かい気持ちで帰ってもらえる作品。日本中の皆様に見てほしい」とあいさつ。原田は「サウナに入って、水風呂に入って、外気浴で整うような素敵な映画」と笑顔で語った。

100.JPG

 三浦と多部は今回が3度目の恋人役。三浦は「多部さんに(4年ごとに訪れる)『オリンピックのような関係だよね』と言われた。20歳の時もここで一緒に舞台あいさつした。その頃よりゆとりをもって、緊張せず映画の話ができる。成長できたのかな」と感慨深げだった。

 一方、多部は「安心感があり、撮影中に今まで共演してきたことは無駄ではなかったと思える瞬間がいっぱいあり、うれしかった。また4年後にご一緒できたら」と話した。さらに三浦は「20歳の時、24歳の時の自分を知っている。主軸として立たせてもらう機会に、どう多部さんという女優にいい芝居と雰囲気を届けられるか。いい緊張感があり、貴重な経験だった」と振り返った。

220.JPG

 最後に三浦が「奇跡や運命は、誰かが誰かを思いやり、その行動からつながっていくのでは。そういうエッセンスがたくさん詰まった映画。日常生活を今以上に誇りに思ってもらえます。楽しんで下さい」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

640.jpg

「アイネクライネナハトムジーク」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳

2019年9月20日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

作品写真:(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
posted by 映画の森 at 09:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする