2019年08月22日

「ディリリとパリの時間旅行」華やかなフランスの“良き時代” 歴史上の人々と少女の謎解きの旅

1.jpg

 19世紀末から20世紀初頭、「ベルエポック(良き時代)」のパリ。フランス領・ニューカレドニアに住む少女・ディリリは、どうしても外国に行ってみたくて、こっそり船に乗りパリに来た。開催中の博覧会に出演し、偶然出会った配達の青年・オレルとバカンスを楽しむ約束をする。一方、街は少女誘拐の話で持ちきり。謎の集団「男性支配団」が犯人という。ディリリはオレルの紹介さパリの有名人たちに会い、男性支配団について次々と質問する──。

 監督・脚本は「キリクと魔女」(98)、「アズールとアスマール」(06)などで知られる仏長編アニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ。音楽は「イングリッシュ・ペイシェント」(97)のガブリエル・ヤーレ。

2.jpg

 幕開けは1900年のパリ万博。「人間動物園」で有色人種を原住民に見立て、暮らしぶりを再現している。ディリリは見世物的な子どものキャストとして出演していた。上半身裸に腰巻姿の少女に興味を持ったオルレは、会場の外で会う約束をする。現れたのは白いドレスで正装したディリリだった。流暢なフランス語を話し、マナーも行き届いた立派な淑女。二人はオルレの案内で、街歩きに出かける。しかし、少女誘拐事件のため、通りには不穏な空気が流れていた。

 当時のパリの町並みを。写真を加工して忠実に再現。歴史に名を残す有名人が次々と登場し、事件解決を試みるディリリたちに助言を与え、力を貸してくれる。タイムスリップしたような「もしも」を具現化する夢のようなアニメーションだ。

3.jpg

 ピカソ、モネ、キュリー夫人、ロートレック、ルノワール、マティス、ルソー、ドビュッシー、サティ──映画にもなった黒人芸人「ショコラ」など、誰もが知る著名人が現れる設定が抜群だ。当時のフランス芸術、文化に詳しければより楽しめるだろう。一方で、植民地の先住民に対する差別、偏見も取り入れたことがポイントといえる。

 パリが繁栄した「ベルエポック」の世情を背景に、華やかなフランス文化を生んだ人々を物語に絡め、ノスタルジックな郷愁を生み出した。謙虚で礼儀正しいディリリの活躍はいとおしく、しばし現実を忘れ、観客に幸せな時間をくれる。アニメならではの柔軟性がユニークな作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ディリリとパリの時間旅行」(2018年、仏・独・ベルギー)

監督:ミッシェル・オスロ
出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

2019年8月24日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://child-film.com/dilili/

作品写真:(C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION

posted by 映画の森 at 09:59 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする