2019年07月30日

「サマー・オブ・84」1980年代への熱きオマージュ 高校生4人、殺人捜査に挑む青春スリラー

1.jpg

  1984年夏、米オレゴン州。緑豊かな郊外の住宅地で暮らす少年デイビー(グラハム・バーチャー)は、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事に夢中の15歳だ。近くで同年代の子供ばかりが狙われる連続殺人事件が発生し、デイビーは向かいに住む警官マッキーが犯人と考え、親友のイーツ、ウッディ、ファラデイと独自捜査を開始する──。

 好奇心旺盛な男子高校生4人組による青春スリラー「サマー・オブ・84」。SFアクション「ターボキッド」(15)の3人組の監督ユニット「RKSS」の長編第2作だ。

 1984年はインターネットも携帯電話もないアナログ時代。記者の父を持つデイビーは、新聞、テレビ、図書館を情報源に、トランシーバーを駆使し、犯人探しに挑む。あの時代ならではの甘酸っぱい青春テイストも盛り込まれている。

2.jpg

 1984年、ハリウッドは活気づいていた。スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス監督は全盛期。スピルバーグ監督「E.T.」(82)、ルーカス製作「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)が大ヒット。スピルバーグ監督「インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説」(84)、さらにジェームズ・キャメロン監督「ターミネーター」(84)と今も続くシリーズが始まった年だ。80年代青春映画のアイコンとなるジョン・ヒューズが「すてきな片思い」(84)で監督デビューした年でもある。

3.jpg

 展開はスリラー映画の王道。主人公が近所の住民を犯人とにらみ、素人捜査を始める設定は、ヒッチコック監督の「裏窓」(54)や「ディスタービア」(07)などがあり目新しくはない。しかし、高校生4人が危なっかしいスリルを生み出し、年上のお姉さんへの恋心が一服の清涼剤にもなっている。

 重要な役割を果たすのが、モントリオール出身の2人組テクノユニット、ル・マトスの音楽だ。幕開けから流れる打ち込みのアナログ・シンセサウンドは、当時全盛だった「ミッドナイト・エクスプレス」(78)、「フラッシュダンス」(83)の作曲家ジョルジオ・モロダー風でもあり、「恐怖の報酬」(77)の電子音楽グループのタンジェリン・ドリーム風でもある。映画音楽を自作する「ハロウィン」(78)のジョン・カーペンターほか、先人の影響を受けたサウンドから影響を受けている。

 1980年代に青春を過ごした世代は、郷愁を感じるだろう。逆に当時を知らない若者たちは、不便さをかえって新鮮に感じるかもしれない。素人探偵になった高校生の活躍に終わらず、痛いしっぺ返しが用意されたことで、幕引きがもやもやしてしまった。とはいえ、80年代へのオマージュたっぷり、愛すべき青春スリラーだ。

(文・藤枝正稔)

「サマー・オブ・84」(2017年、カナダ)

監督フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
出演:グラハム・バーチャー、ジュダ・ルイス、ケイレブ・エメリー、コリー・グルーター=アンドリュー、ティエラ・スコビー

2019年8月3日(土)、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://summer84.net-broadway.com/

作品写真:2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

posted by 映画の森 at 15:48 | Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする