2019年07月25日

日本映画も存在感、富川国際ファンタスティック映画祭

1.jpg

 韓国・京畿道富川市で6月22日から7月7日まで「第23回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭2019」(BIFAN)が開かれた。期間中に日本の輸出規制強化が報じられたが、日本映画と日本からのゲストは例年と同様、熱い歓迎を受けた。49カ国・地域、284本の上映作の最後を飾ったクロージング作品は、日本映画学校で学んだ韓国人監督の密室サスペンス。例年に増して日本とのつながりを実感した映画祭だった。

 日本映画が3部門で受賞

 BIFANはスリラーやホラー、ファンタジー、アニメーションなどのジャンル映画に特化した映画祭。韓国ではまだ愛好者が多くはないマニアックな映画を集め、例年熱心なファンを呼び込んでいる。こうしたジャンルが得意な日本映画はBIFANの常連で、今年も約30本が招待された。

 日本映画は3部門で受賞。斎藤工が企画・主演した「MANRIKI」(清水康彦監督)が欧州ファンタスティック映画祭連盟アジア映画賞を受賞したほか、同賞のスペシャル・メンションに「いぬむこいり」(片嶋一貴監督)が選出。さらに、子どもたちが選ぶ子ども審査団賞を「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督)が受賞した。

 長編コンペティション部門の審査委員長を務めた金子俊輔監督の「平成ガメラシリーズ3部作」の上映とトークにも大勢の怪獣映画ファンが集まった。

2.jpeg 3.JPG

 “知日派”監督の密室サスペンス

 クロージング作品は、高命成(コ・ミョンソン)監督の「南山(ナムサン)詩人殺人事件」。高監督は釜山出身で、大学卒業後に日本映画学校(現・日本映画大学)で演出を学んだ。日本で10年ほど生活し、日韓合作映画のコーディネーターや通訳を担当。2012年に在日朝鮮人の帰還事業を扱ったドキュメンタリー「さよなら、アンニョン、再見」を撮った。

 「南山詩人殺人事件」の舞台は朝鮮戦争後の1953年、ソウル明洞にある日本家屋のカフェ。詩人や画家など芸術家のたまり場だ。このカフェに捜査官が現れ、ある事件の「容疑者」たちと息詰まる心理戦を繰り広げる。事件の真相が明らかになるにつれ「イデオロギー対立」や「過去の清算」といった、現在に続く韓国の痛みが浮き彫りにされていく。密室サスペンスに韓国の現在と過去への視線が絡み合う異色の作品だ。

4(スチール).jpg 4(スチール2).jpg

 捜査官役のキム・サンギョンの鬼気迫る演技はもちろん、新進俳優たちの演技も見どころだ。韓国では今秋、一般公開される予定。

 ジャンル映画の歴史

 今年は朝鮮半島で映画が作られ始めて100周年。1919年、ソウル・鍾路の劇場「団成社」で初のフィルムを使った連鎖劇(舞台劇と映画を組み合わせた演劇)「義理的仇討」が上映されたのが最初とされる。

 各映画祭が100周年を記念したプログラムを組む中、BIFANは過去のジャンル映画を特集した。怪獣映画「宇宙怪人ワンマグィ」(1967)や韓国初のゾンビ映画「怪屍」(1980)、女子高校生のリアルライフを描いたコメディー「ヨンシム」(1990)などを見ると、韓国で多様な映画が製作されてきたことが実感される。まさにBIFANならではのプログラムだった。

(文・芳賀恵)

写真1:富川市役所もファンタスティック=富川市で芳賀撮影
写真2:「南山詩人殺人事件」の舞台挨拶=富川市役所で7月5日、映画祭事務局提供
写真3:観客との質疑応答に参加する「南山詩人殺人事件」の高命成監督(右)=富川市役所で7月5日、芳賀撮影
写真4・5:「南山詩人殺人事件」場面写真=映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 10:00 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする