2019年07月21日

「ポラロイド」古いカメラから広がる死の連鎖 恐怖と葛藤にさいなまれる高校生

1.jpg

 アンティーク店で手に入れた年代物のポラロイドカメラ。SNS世代の高校生バード(キャサリン・プレスコット)は、シャッターを押せば写真が出る仕組みに夢中になる。しかし、撮影された友人たちが次々と悲惨な死を遂げ、悪夢の原因はカメラにあると気付くバードだが、自分も写真に写っていたことが分かる──。

 ノルウェー出身のラース・クレブバーグ監督が、自作の短編をリメイクしたホラー映画。才能がこの作品でハリウッドの目に止まり、「チャイルドプレイ」リブート版の監督に抜てきされた注目の新鋭だ。

2.jpg

 1972年発売の「ポラロイドSX-70」を、少女が母の遺品から発見する。冒頭のシーンは下敷きになった短編を再構築しており、続いて長編オリジナルの物語が始まる。バードがアルバイトするアンティーク店に、いわくつきポラロイドカメラが持ち込まれ、写真を撮られた友人たちの死の連鎖が始まる。

 ポラロイドで撮った写真には、人物と一緒に謎の黒い影が映っている。「黒い影が出てしまった人物が死ぬ」設定だ。死の連鎖から逃げようとする人々の恐怖と葛藤。カメラがたどった負の歴史。中田秀夫監督「リング」(99)が作ったルールが、世界のホラー映画で一般化したようにみえる。「ポラロイド」では高校生が死の連鎖に翻弄され、予知夢で死亡が予告される「ファイナル・デスティネーション」(00)に近い印象だ。

3.jpg

 「死の連鎖からの回避」に新味はないが、演出は抑制が効いており、じわじわと恐怖が迫りくる。カメラにまつわる負の歴史もミステリアスに描かれるが、後半はCGを大盤振る舞い。ハリウッド的なサービスが炸裂し、リアリティーが薄くなった。しかしながら、短い上映時間88分をまったく飽きさせず、監督の語りのうまさを感じる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ポラロイド」(2018年、米)

監督:ラース・クレブバーグ
出演:キャスリン・プレスコット、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガン、グレイス・ザブリスキー、ミッチ・ピレッジ

2019年7月19日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/polaroid/

作品写真:(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

posted by 映画の森 at 14:28 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする