2019年06月24日

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」坂口健太郎&吉田鋼太郎、父子の絆を絶妙な呼吸で

二人.jpg

 インターネットのオンラインゲームを通した父と息子の絆を描いた「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」が公開中だ。東京都内でこのほど開かれた関連イベントに主演の坂口健太郎、吉田鋼太郎が参加し、撮影を振り返った。

 互いに距離ができてしまった父親と息子が、素顔を隠して人気ゲーム「ファイナルファンタジー」でつながり、ともに戦いながら絆を取り戻していく物語。実話をもとにした人気ブログの映画化だ。

坂口.jpg 吉田.jpg


 父親を演じた吉田は「セリフの少ない寡黙なお父さん。難しい役だったが、健太郎が受け止めてくれて、いい作品ができた」と感謝。息子役の坂口は「鋼太郎さんとせりふのやり取りが少なく、せりふに頼れなかった。目があった瞬間の微妙な距離感とか、瞬間、瞬間の反応を大事にしようと思った。鋼太郎さんが父親でいてくれて(役を)構築できた」と振り返った。

二人2.jpg

 吉田は実生活でも20代の息子の父親。「一緒にゲームを買いに行ったりした小さな時代があって、大きくなって、いつの間にか話をしなくなった。その過程が胸にぐっときた。共感できるところが多かった」と話した。

 吉田について坂口は「紳士でダンディーな印象があった。(実際には)すごくチャーミングで驚いた。一緒に芝居して、好きになっちゃう。すごいと思う」。吉田は坂口を「優しく、穏やかな好青年。芝居の集中力はすごい。せりふのやり取りがあまりない中、一言に思いを込めて返してくれる。きっちりできる俳優」と絶賛した。

(文・写真 岩渕弘美)

メイン.jpg

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(2019年、日本)

監督:野口照夫(実写パート)、山本清史(ゲームパート)
出演:坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、前原滉

2019年6月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/hikarinootosan/

作品写真:(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 マイディー/スクウェア・フェニックス
posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする